野球 サイレントトリートメントとは どんなの? 問題 2問 復習編

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 サイレントトリートメントについて、事例を交えた簡単問題 2問です。

 

結論

野球 サイレントトリートメントとは、アメリカメジャーリーグ(M L B)の野球界などで新人選手を歓迎するための儀礼で慣習化されています。

 

それでは やってみましょう。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

野球 サイレントトリートメントとは どんなの? 問題 5問 復習編

 

問1

サイレントトリートメントとは、状況的には例えば、新人選手がホームランを打って戻ってきた時に、ダッグアウトから出迎えたりせずに全員で無視をするパフォーマンスをしたりすることである。

答え  〇  ・  

 

問2

サイレントトリートメントの他に 何かあるの?

メジャーリーグ(M L B)では、サイレントトリートメントの他にも新人選手には、「ルーキーヘイジング」と言われる儀式がある。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

 

問1  〇   問2  〇   

 

 問1について

サイレントトリートメントとは、知らない人が見たらいじめのように見えますが、ずっと無視するのではなく、数秒後には手荒い祝福を全員でするパフォーマンスをしたりします。

このサイレントトリートメントの言葉自体には、肯定的な意味はありませんが、親しい仲間にする祝福のパフォーマンスなので、人間関係の絆は深まることはあるでしょう。

 

問2について

「ルーキーヘイジング」とは、新人の選手が遠征先に移動したり、自宅に帰ったりするときに仮想しなければならないという風習です。

 

サイレントトリートメント 事例

メジャーリーグ(M L B)アナハイムエンゼルスの大谷選手(23)が、4月4日に本拠地アナハイムエンゼルススタジアムでのクリープランドインディアンス戦で、メジャーリーグ初となる記録しました。

この際、初ホームランを打ちベンチに戻って来た大谷選手に、祝福無しの全員無視でサイレントトリートのパフォーマンスで祝福がありました。

 

解説

サイレントトリートの祝福は無言の祝福であり、アメリカでは儀礼で慣習化され行われていますが、文化の違う日本ではサイレントトリートは行われていないようです。

すごく仲の良い者同士の仲間であれば良いですが、一つタイミングを間違えれば祝福でなく、いじめになるからか・・・? 日本のプロ野球もアメリカのように、儀礼で慣習化すれば良いと思いますが・・・?

 

まとめ

野球 サイレントトリートメントとは、アメリカメジャーリーグ(M L B)の野球界などで新人選手を歓迎するための儀礼で慣習化されています。

サイレントトリートメントとは、知らない人が見たらいじめのように見えますが、ずっと無視するのではなく、数秒後には手荒い祝福を全員でするパフォーマンスをしたりします。

 

 

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。