【野球】 プラトーンシステム?  なんのこと? 教えて


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 プラトーンシステムについて、事例を交えて簡単解説します

 

野球 プラトーンシステム? なんのこと?  教えて

野球 プラトーンシステムとは、試合によって選手を使い分ける戦法のことです。

  • プラトーン(Platoon)は一般名詞としては「小隊」と言う意味です。

 

どういうこと?

たとえば、相手チームの先発投手(ピッチャー)が右投手(ピッチャー)か左投手(ピッチャー)かで打者(バッター)を右打ちか、左打ちの打者(バッター)かを決めることです。

 

どういうこと?

たとえば、相手チームの投手(ピッチャー)が左投げ(サウスポー)であれば右打ちの打者(バッター)の選手を起用して、右投手(ピッチャー)であれば、左打ちの打者(バッター)を起用する戦法です。

 

野球 プラトーンシステム 効果 どんだけ?

この戦法の背景には、打者(バッター)は、一般的には自分と同じ利き手の投手より逆的の投手(ピッチャー)と対戦した場合の方が打率はよくなる傾向にあるとされる点が挙げられます。

統計的には右打者(バッター)は、右投手(ピッチャー)を相手にする場合より左投手(ピッチャー)を相手にした方が約1パーセント、 左打者(バッター)は左投手(ピッチャー)より右投手(ピッチャー)を相手にする方が約3パーセント、平均打率は上がるとされています。

 

野球 プラトーンシステム 事例

事例

モンスターリーグ アルパカズ 対 カピパラズの試合

試合(ゲーム)は、アルパカズのホーム球場(スタジアム)両翼100m 中継(センター)122mの本塁打(ホームラン)の出にくい球場(スタジアム)で行われた。

カピパラズの投手(ピッチャー)は、右投げの主力投手。

7回の裏 1-1の同点 2死(2アウト)走者(ランナー)1塁 3塁でアルパカズの5番打者(バッター)の場面で、アルパカズの監督は単打が主体である選手だが、代打打率3割を超える左打ちの打者(バッター)に替えてきた。結果?・・・

 

解説

アルパカズの監督は、グランドが広いことも戦法にいれて、長打力はあるが打率2割の5番打者に替え長打力はないが右投手(ピッチャー)から代打打率3割を超える俊足である左打ち(バッター)の選手を起用して結果、左中間を破る3塁打を放った。

  

起用区分で選手を分けるの?

野球 プラトーンシステムは、たとえば、打率は低いが本塁打(ホームラン)が出る打者(バッター)また、 本塁打(ホームラン) 長打はないが、毎試合必ず打つ3割打者(バッター)を使用する等、球場の大きさ等で使い分けるケースもあります。

守備においても、リードしている終盤に、守備力の優れた選手のオーダーに切り替えるケースもあります。

このような戦法をプラトーンシステムと呼びます。

 

野球 プラトーンシステムで起用される選手は、試合の中で力を発揮できても、毎日フル出場するほどの価値を認められないのが現実では多いようです。

 


[ニューバランス] スニーカー ML574(現行モデル) DISH//着用モデル 12_グレー(EGG) 27.0 cm D

まとめ

野球 プラトーンシステムとは、試合いおいて、相手チームの選手や、球場(グランド)の広さ等考えて、選手を使い分ける戦法のことです。

 

➡問題はこちらへ【野球】 プラトーンシステムとは どんなのか? 問題

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です