野球 第4アウトとは どんなの? 問題10問 確認編


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 第4アウトについて、事例を交えた簡単問題 10問です。

野球の第4アウトとは、野球の試合で守備側が1イニング中に3個のアウトを取った後、審判員にアピールアウトを申入れ認められたアウトのことです。

しかし、野球の規則で「第4アウト」とはありません。

 

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

それでは、やってみましょう。

 

 野球 第4アウトとは どんなの? 問題10問 確認編

 問1

「第4アウト」と呼ばれるケース

野球第4アウトは、第3アウトがアピールによって成立した後でも、守備側チームはこのアウトより有利なアピープレイがあれば先の第3アウトと置き換えることができます。

答え  〇  ・  

 

問2

第4アウトが発生した場合は、当初の第3アウト成立までに起こったプレイの記録は取り消され、第4アウト成立までのプレイが記録上の第3アウトになります。

答え  〇  ・  

 

 問3

第3ストライク成立後のアピールプレイは、守備側の投手や野手がベンチに戻るためファウルラインを越えてフェア地域を出てしまったら、その時点でアピールプレイは消滅します。

答え  〇  ・  

 

 問4

アピールプレイとタイムプレイの2つのルール

アピールプレイは、第4アウトが発生する場面で、アピールをしなければ審判員の判定は変わりません。

答え  〇  ・  

 

問5

アピールプレイとタイムプレイの2つのルール

タイムプレイは、フォースプレイではない状況で、第3アウトよりも走者が本塁の到達が早い場合は、得点が認められるルールです。

答え  〇  ・  

 

 問6

第4アウトに置き換えできないケース

1アウト走者2塁 3塁で打者が左中間をライナーで抜けると思われる打球を放ちました。

その際、2塁走者 3塁走者はリタッチせずに本塁へ到達ホームインしましが、右翼手(レフト)が捕球してしまいました。

その後3塁へ送球して、3塁走者をアウトにして無得点にできました。

答え  〇  ・  

 

 問7

第4アウトが第3アウトに置き換えられるケース

2死 走者1塁 3塁の時打者がセンターオーバーの長打を放ちました。

この際、1塁走者は2塁ベースに触れずに3塁を回り本塁へ到達しました。

その後、打者走者は1塁 2塁と回り3塁を狙いましたが、好返球で3塁アウトになりました。

その際、2塁手は1塁走者が2塁ベースに触れていないことを審判員にアピールして認められ、1塁走者の得点は無効になります。

答え  〇  ・  

  

問8

第4アウト発生事例

1死 走者2塁 3塁で打者がライト線上にヒットと思われる飛球(ライナー)を放ちました。

その際、右翼手(ライト)がボールをダイビングキャッチしましが、2塁走者と3塁走者はそれぞれ飛び出し本塁へ到達しました。

その後ライトからの送球を受けた2塁手が、2塁ベースを踏み3アウトで、2塁走者のアウトより先に本塁へ到達していて審判員は3塁走者の得点を認めました。(守備側からのアピールなし)

答え  〇  ・  

 

問9

野球の試合では守備側のチームは、1イニング中に3個目のアウト(第3アウト)を成立させた後であっても、アピールプレイは認められています。

答え  〇  ・  

 

問10

第4アウトとは野球の試合で、守備側のチームが1イニング中3個のアウトを取った後に、審判員へアウトをアピールして認められたアウトのことです。

答え  〇  ・  

 


 

 まとめ

 問1  〇 問2   〇  問3    〇   問4   問5   〇

問6  ✖   問7   問8  〇   問9  〇 問10 〇

 

問1について守備側は、1イニング中における3個目のアウト(第3アウト)を成立させた後であっても、アピールプレイを行うことが認められていて、審判員がそのアピールを認めればアウトは宣告されます。

 

問2については、これを「第3アウトの置き換え」と呼ばれ、守備側は、このアピールで攻撃側の得点を無効にできるケースもあります。

 

問3について、これは攻守交代と試合終了いずれの場合も同じです。

 

問4についてアピールプレイは、守備側のチームが審判員にアピールして、それが認められ時にアウトが確定します。

 

問5についてタイムプレイは、フォースプレイが解除されているというところがポイントで、タッチプレイになっている場面で適用されます。

 

問6について、このケースは1アウトで2塁走者と3塁走者が本塁を踏んでいるため、守備側からのアピールがなければ1点は得点されます。

 

問7について、このケースでも審判員へのアピールを行わなければ、1塁走者の得点は認められてしまいます。

 

問8についてこのケースは、第4アウトが発生しているので、相手チーム(守備側チーム)からの3塁走者が、リタッチしていないことを審判員にアピールして認められれば得点は認められません。

 

問9について、審判員が守備側のアピールを受け入れられればアウトを宣告します。

当初の第3アウト成立まで起こったプレイの記録は取り消され、第4アウト成立までのプレイが記録上の第3アウトになります。

これを第3アウトの置き換えとも呼ばれています。

 

問10について、守備側からのアピールがなければ当初の判定が記録されてしまいます。

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です