野球 投手セットアッパーとは どんなの? 問題 5問 復習編

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 投手 セットアッパーについて、事例を交えた簡単問題 5問です。

 

野球 投手のセットアッパーと言う言葉は「和製英語」で英語では「セットアップマン」と呼ばれています。

セットアッパーは、先発投手、中継ぎ投手(リリーフ)と、抑え投手の間でチームがリードしている場面か同点の場面で登板する中継ぎ投手のことです。

 

 それでは やってみましょう。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

野球 投手セットアッパーとは どんなの? 問題 5問 復習編

 

問1

投手にはどんな役割の人がいるの?

投手には、試合の最初から登板する先発投手と、途中から登板する中継ぎ投手、最後に登板してくる抑え投手の3種類があります。

答え  〇  ・  

 

問2

先発投手が1人で9回を完投する試合もありますが、現在の野球は先発投手の故障等を防ぐために、球数制限を重要に考えている。

答え  〇  ・  

 

問3

中継ぎ投手の評価はどうなの?

現在の野球では、中継ぎ投手の評価基準となる指標はありません。

答え  〇  ・  

 

問4

抑え投手はチームが負けている時でも、場合によっては登板することもある。

答え  〇  ・  

 

問5

中継ぎ投手とは、先発投手の降板後、セットアッパーに繋ぐまでの投手全般である。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

 

問1  〇   問2  〇   問3   ✖   問4  ✖   問5   〇 

 

 解 説

問1について

セットアッパーが登板するのは、主に8回を担当することが多い投手で、リードや同点を守り抑え投手へつなぐ重要でプレッシャーのかかる役割です。

 

問2について

現在の野球は、先発投手の球数制限が重要視されているので、そのため中継ぎ投手、抑え投手は大変重要になっています。

 

問3について

中継ぎ投手の評価の指標には、「ホールド」というものが用いられます。

勝利投手、敗戦投手、抑え投手には該当しない状態でリードを守り切り条件を満たせば、ホールドポイントが獲得できます。

 

問4について

抑え投手は、リードしている時の最終回に投げる投手のことです。

抑え投手の評価には「セーブ」という指標があります。最終回に登板して、チームのリードを守り、条件を満たせばセーブの記録が獲得できます。

 

問5について

中継ぎ投手で、登板数の多い投手は、運よく勝ち星を稼ぐこともあります。

セットアッパーと、中継ぎ投手を評価する指標にはホールドポイントがあります。

 

 

 

まとめ

野球 投手のセットアッパーと言う言葉は「和製英語」で英語では「セットアップマン」と呼ばれています。

セットアッパーは、先発投手、中継ぎ投手(リリーフ)と、抑え投手の間でチームがリードしている場面か同点の場面で登板する中継ぎ投手のことです。

 

【プロ野球では、シーズン終了後にホールドポイントを一番多く獲得した投手に「最優秀中継ぎ投手賞」が与えられます】

 

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。