【野球】走塁とは どんなの? 教えて  NO.1


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 走塁について、事例を交えて簡単解説します。

 

星猿(ホシサル)先生に質問です。

野球の走塁のルールは どんなの? 教えて

野球において、走塁の基本でもあるルールは、塁と塁を結んだ直線上の左右3フィートで、合計6フィート(約1.8m)の幅が走者(ランナー)の走路(ベースパス)と決められています。

走者(ランナー)は、走路(ベースパス)を外れて走っても通常時は問題ありません。

しかし、相手チームの野手から、触球(タッチ)を逃れるために走路(ベースパス)を外れて走塁すると、その際は、審判員からアウトの宣告が発せられます。

 

※野球においてのベースパスとは、走者(ランナー)の走路のことです。直接、守備側の野手のプレイが関係している場合は、ベースパス内であっても守備側の野手が最優先になります。

 

 

走者(ランナー)がアウトになるのは どんなの?  教えて

走者(ランナー)がアウトになる場合は、相手チーム野手の邪魔をすると、審判員より守備妨害(インターフェア)の宣告が発せられてアウトになります。

しかし、野手がプレイと関係のない位置であれば、走者(ランナー)が接触してもアウトになりません。

その場合は、逆に野手の走塁妨害になり1個以上の進塁ができます。

 

 

走者(ランナー)がアウトにならないのは どんなの? 教えて

走者(ランナー)が塁間で相手チームの野手の送球に当たった場合は、守備妨害(インターフェア)にはならないで、そのままプレイは続行されます。

しかし、審判員が、走者(ランナー)が故意でボールに触れたと判断されたときは、守備妨害(インターフェア)が宣告されます。  

※インターフェアとは、「守備妨害・打撃妨害」のことを指します。

 

走塁(事例)

事例(バッターランナーもアウトになる場合)

アルパカズ 対 カピパラズの試合です。

1死(1アウト)走者(ランナー)1塁のとき、アルパカズの攻撃で打者(バッター)が2塁(セカンド)ゴロを打ちました。

打球は2塁手(セカンド)が捕球後、遊撃手(ショート)へ送球した際、1塁走者(ランナー)が、遊撃手(ショート)への守備妨害(インターフェア)をしてしまいました。

けっか、審判員の判定は・・・?

 

解説

このケースは、1塁走者(ランナー)は2塁でフォースアウトになり、2死(2アウト)になり、その際1塁走者(ランナー)が野手に守備妨害をしているので、打者走者(バッターランナー)もアウトが宣告されます。

また、他の塁に走者(ランナー)がいる場合で、守備の邪魔をしてしまった場合には、打者走者(バッターランナー)はアウトにはなりません。

ただし、故意と審判員に判断された場合はアウトが宣告されます。

 

 

事例(打球がランナーに当たってもアウトにならない場合)

ホワイトフォックス 対 イエローラクーンズの試合です。

ホワイトフォックスの攻撃で、走者(ランナー)2塁のとき、イエローラクーンズの内野陣が前進守備をシフトをしている状況です。

その際、打者(バッター)が遊撃手(ショート)の横を抜けるゴロを打ちましたが、ボールは直後に遊撃手(ショート)後方にいた2塁走者(ランナー)に当たってしまいました。

結果、審判員の判定は・・・?

 

解説

このケースは、2塁走者(ランナー)はアウトになりません。

通常打者(バッター)が打った打球が、走者(ランナー)に当たればアウトになります。しかし、このケースでは、守備側が前進守備シフトであるので、内野を抜けた直後にすぐ後ろで走者(ランナー)が打球に当たっているので、他の野手が捕球する機会がなかったと審判員が判断して、アウトにしませんでした。また、塁上にいてもフェアの打球が当たればアウトになります。

 

インフィールドフライのとき、当たったらどうなるの? 教えて

インフィールドフライのときに、塁上にいて当たった場合はアウトになりません。

塁から離れていればアウトになります。

 

打球が最初にベースに当たった後 走者に当たったらどうなの? 教えて

打球が野手に触れる前にベースに当たり、フェア地域の走者(ランナー)に当たれば審判員よりアウトが宣告されます。

ファウルゾーンであればアウトにはならずに、ボールインプレイでプレイは続行します。

 


シューズボックス 収納ケース収納ボックス クリアボックス シューズ収納 防臭 通気 スニーカー収納 スニーカーディスプレイ 靴棚 靴収納 プラスチック ふた付き 多層 開閉扉 大容量 組立て式 小物 おもちゃ 化粧品 収納 玄関 クロゼット クリア 透明 8個

 

まとめ

野球において、走塁の基本でもあるルールは、塁と塁を結んだ直線上の左右3フィートで、合計6フィート(約1.8m)の幅が走者(ランナー)の走路(ベースパス)と決められています。

走者(ランナー)は、走路(ベースパス)を外れて走っても通常時は問題ありません。

しかし、相手チームの野手から、触球(タッチ)を逃れるために走路(ベースパス)を外れて走塁すると、その際は、審判員からアウトの宣告が発せられます。

➡走塁NO.2はこちらをご覧ください【野球】走塁とは どんなの? 教えて  NO.2

➡野球 盗塁はこちらへどうぞ【野球】盗塁とは どんなの? 教えて NO.1

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です