【野球】ルール ボールインプレイ?  どんなこと?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球のルール ボールインプレイについて、事例を交えて簡単解説します。

  

野球ルール ボールインプレイ? どんなこと?

野球の試合の時間は、ボールインプレイとボールデッドの2つに明確に区分されています。

野球のルール ボールインプレイとは、球審が、「プレイ」を宣告すると、ボールインプレイになり、その後プレイが継続して進行します。

審判員が「タイム」を宣告するか、もしくは宣告がなくても規定により試合が停止するまで、ボールインプレイの状態は続きます。

(公認野球規則5.01)ボールインプレイであれば走者は、何時でも進塁を試みることができます

そして、走者には、積極的に進塁姿勢が求められています。(公認野球規則1.02)

 

審判員の第一判定 覆すこと あるの?

野球では、審判員の第一判定が最終的なものとして決定されます。

たとえ誤審であっても決して判定は覆すことはありません「公認野球規則8.02(a)」。

 

誤審でも覆すことがない?  それ何なの?

たとえ、誤審であっても覆すことができない理由は、審判員の第一判定直後もボールインプレイの場合が多く、その判定に応じて判定直後のプレイが連鎖的に変化するからです。

これは、他の競技との違いで野球の大きな特徴です。

  

ボールインプレイ 誤審 事例

誤審 事例

先攻アルパカズ 対 後攻モンキーズの試合です。

5回の表 無死(0アウト)走者(ランナー)1塁、アルパカズの打者が中堅手(センター)の前方に落下しそうな飛球(フライ)を打ちました。

その飛球はセンターの捕球前に地面に触れていましたが、中堅手が捕球しました。

しかし、審判員の判定は打者アウトの宣告をしました。

その際、1塁走者は判定を確認して1塁へリタッチを果たしました。

 

解説

このケースで、たとえ審判員の誤審であっても、判定は覆りません。

もし、ここで誤審が明らかになり判定が覆ると、両チームが納得できるような形で試合を再開する方法がないからです。

2018年から、日本プロ野球で導入されたリクエスト制度(ビデオ判定)ができてからは、リプレイの画像確認で判定が変わる事例も出てきています。

誤審 事例

先攻タートルズ 対 後攻アルパズの試合です。

5回表 タートルズの攻撃です。

1死(1アウト)1塁で打者(バッター)が捕手(キャッチャー)前にゴロを打ちました。

捕手(キャッチャー)は打者(バッター)に触球(タッチ)しようとするもタッチできず、2塁に送球しました。

2塁審判員は1塁走者(ランナー)のフォースアウトを宣告して、その後1塁へ送球されて打者走者(バッターランナー)もアウトでダブルプレイと思われましたが・・・判定はセーフでした。

 

解説

このケースも公認野球規則で、審判員の第一判定が最終的なものとして決定され、たとえ誤審であっても判定は覆りません。

  ※公認野球規則8.02(a)

「審判員の判断に基づく裁定は最のもの」としていますが、次の8.02(b)で「審判員の裁定が規則の適用を誤って下した疑いがあるときは、監督だけがその裁定に訂正するように要請することができます。

しかし、事実に対する判定は覆られないのです!

2018年から、日本プロ野球で導入されたリクエスト制度(ビデオ判定)ができてからは、リプレイの画像確認で判定が変わる事例も出てきています。


ソーダストリーム Genesis v3 スターターキット 予備用ガスシリンダー付き特別パッケージ

まとめ

ボールインプレイとは、球審が「プレイ」を宣告するとボールインプレイになり、その後プレイが継続して進行して行くことです。

ファウルボール等、規定でプレイが止まったり、審判員がタイムをかけたりして、プレイが一時的に停止した状態をボールデッドと言います。

※ 2018年から、日本プロ野球で導入されたリクエスト制度(ビデオ判定)ができてからは、リプレイの画像確認で判定が変わる事例も出てきています。

 

➡問題はこちら 野球 ボールインプレイは どんなときか? 確認問題

 

➡野球ボールデッドはこちらへ【野球】ルール ボールデッド?  どんなの?

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。