【野球】 ルール リクエストとは どんなのか?

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球のルール、リクエストについての問題です。

 

日本のプロ野球(NPB)で2018年から導入された「リクエスト」制度は、審判の判定に異議がある時にビデオ映像によるリプレイ検証を求めることができる制度です。

メジャーリーグ(MLB)では、2014年から「チャレンジ制度」の名称で導入されています。

 

それではリクエストのルールに関する問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えてください。

 

野球のルール、リクエストについての問題

 

問1

これまではホームランや、本塁のクロスプレイのみに適用されているビデオの判定が、広範囲のプレイに適用されるようになりましたが、プロ野球だけの規則である。

答え  〇  ・  

 

問2

監督がリクエストできるのは、1試合で1回までである。

答え  〇  ・  

 

問3

リクエストは監督がダッグアウトから出てきて、両手でアルファベットのTの字を描くことで発動せれる。

答え  〇  ・  

 

問4

リクエストは、ボールデッド(ボールを用いたプレイが行われない状態)に限って直前の判定はビデオ判定が可能になる。

答え  〇  ・  

 

問5

塁審より前(本塁寄り)の打球については、リクエストできない。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1 〇  問2  問3  ✖   問4 〇  問5 〇

 

解説

問1について

学生野球や社会人野球では、リクエスト制度の導入はされていません。

問2について

監督がリクエストできるのは、1試合で2回までできます。

延長戦になった時は新たに1回増えて、審判員の判定通りなら1回ずつ判定の権利が減ります。

 

問3について

リクエストは監督がダッグアウトから出てきて、両手で長方形を描きスクリーンのサインを送ることで発動されます。また、リプレイ検証でビデオ判定の結果が覆れば、リクエストの回数は2回のままで、判定どおりなら1回ずつ権利が減ります。

 

問4について

リクエストの発動は、ボールインプレイ中はその後の一連のプレイの選択に影響するため、対象になりません。

 

問5について

塁審より前(本塁寄り)の打球については、リクエストできません。

リクエスト対象外のプレイについて

・審判より前(本塁寄り)の打球  ・走塁妨害(オブストラクション)

・ストライク ボールの判定    ・打者のハーフスイング  

・守備妨害            ・ボーク

・インフィールドフライ      

・自打球(自分の打った打球が、バッターボックスを出ていない打者自身に当たったもの)

以上のプレイについては、リクエストはできません。

 

 


[ニューバランス] スニーカー ML574(現行モデル) 【Amazon.co.jp限定カラーあり】 BLACK(EE2) 27.0 cm 2E

 

まとめ

日本のプロ野球(NPB)で、2018年から導入された「リクエスト」制度は、審判の判定に異議がある時にビデオ映像によるリプレイ検証を求めることができる制度です。

メジャーリーグ(MLB)では、2014年から「チャレンジ制度」の名称で導入されています。

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考えることが大切、自分で決めれば自分に責任がでてくる。

とにかく具体的に動けば、具体的な答えがでる!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただき、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。