【野球】タッチアップ? どんな時? 事例を交えて簡単解説


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球のタッッチアップについて、事例を交えて簡単解説します。

タッチアップとは野球の進塁方法のひとつ

 

打者(バッター)がフライで2アウトになった場合でも、既存の走者(ランナー)がフライ捕球後に一度塁に戻れば、そのあとは次の塁を狙い進むことができるという戦術です。

ランナーは、ルールでフライが上がったら、ベースに戻らなければなりません。

戻る前に野手にベースに送球されてしまうと、「フォースアウト」になってしまいます。

しかし捕球後にベースを踏んだ後は、次の塁を狙えます。

このプレイが「タッチアップ」です。

0アウト、1アウトでフライが上がった時で、1塁、2塁、3塁、どの塁のランナーもタッチアップすることができます。

※タッチアップは3塁ランナーだけでなく、どの塁からでもチャンスがあればチャレンジできます。             (ファウルフライでもできます)

【野球】タッチアップ      事例①

 

1アウト走者(ランナー)3塁、打者(バッター)が左中間にフライを打ち上げました。

フライをレフトが捕球した後、3塁走者(ランナー)がタッチアップでホームインして得点となりました。

これで2アウトです。

 

【野球】タッチアップ      事例②

0アウト走者2塁、打者(バッター)がライトのファールフェンス前にフライを打ち上げました。

2塁走者(ランナー)は、ライトがフライを捕球後、タッチアップをして3塁へ進塁しました。

これで1アウトです。


まとめ

 

タッチアップとは、野球の進塁方法の一つで、三塁ランナーだけでなく、どの塁からでもチャンスがあれば次の塁を狙える戦術です。※ファウルフライでもタッチアップはできます!

 

➡野球 タッチアップはこちらへ【野球ルール】タッチアップとは どんなとき? タッチアップの問題10問 確認編

➡野球 塁間の距離はこちら【野球 】塁間の距離はどんだけ?

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。