【野球ルール】簡単事例集NO.9インターフェア他 


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球のルールで簡単に押さえておきたいルールを、事例を持って簡単解説します。

 

事例① 野球は紳士のスポーツ

 

試合中、ベンチにいるプイレーヤーが審判員の判定に激しい不満を表して、暴言を吐いたため,審判員はそのプレイヤーに警告を与えました。

解説
野球はスポーツ精神に則った「紳士のスポーツです」競技中選手、監督、コーチなどは審判員や観衆に対して、悪口や、暴言を吐いたりしてはいけません。

これに反すると、退場処分、ペナルティーを受けることがあります。

事例② アピールアウト

 

1アウト、走者(ランナー)1塁、3塁で、打者(バッター)が犠牲フライを打ちました。

3塁走者(ランナー)はタッチアップでホームインしましたが、1塁走者(ランナー)のタッチアップが早かった。

相手チームのアピールによるアウトのため、得点は認められました。

 

解説
この場合は、第3アウトが、フォースアウトでなく、相手チームからのアピールによるアウトなので、得点は認められます。

事例③ フォーテッドゲーム(没収試合)

 

試合開始が、13時00分からであったが、プレイヤーが9人そろわないため、相手チームの勝ちとなった。

 

解説
野球の試合を行うには、監督一人、コーチ二人、選手(プレイヤー)9人以上が必要です。

選手(プレイヤー)9人がそろわなければ、フォーテッドゲーム(没収試合)となり、相手チームの勝となります。

事例➃ インターフェア(打撃妨害)

 

打者(バッター)が、スクイズをしようとしているとき、捕手(キャッチャー)がホームベース前で、ボールを捕ってしまいました。

その際、審判員より打撃妨害の宣告がされました。

 

解説
打者(バッター)が、スクイズをしようとしているとき、守備側がそれを妨害すると得点が認められ、打者(バッター)も打撃妨害で1塁に進めます。

 

 


(ノーブランド品) スニーカー ハイカット ハイカットスニーカー レディース インソール インヒール インソールスニーカー プラットフォーム 厚底 厚底スニーカー 夏

事例➄ インターフェア(守備妨害)

 

走者(ランナー)1塁で2塁へ盗塁した際、打者(バッター)が、盗塁を阻止するために捕手(キャッチャー)の送球するのを邪魔したと審判員が判断して、守備妨害を宣告した。

解説
守備妨害と審判員が認めたときは、ボールデッドとなり、打者(バッター)はアウトになります。

捕手(キャッチャー)が、2塁へ送球して、アウトにした場合は、アウトが優先になり、守備妨害は取り消されます。

アウトにできなかった場合は、打者(バッター)はアウトになります。

 

 

星猿ブログを見ていただき ありがとうございます。