【野球】 ルール タイムは どんなときできるのか? 問題 10

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、ルール タイムは どんなときにできるのかについての問題です。

 

野球において試合中に選手 監督 コ-チは、必要でれば審判員に「タイムを」を要求することができます。

 

それでは野球のノーゲームについて、確認して見てください。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

野球 ルール タイムについての? 問題 

 

問1

タイムを要求して有効となるのは、タイムを要求した時点ではなく、審判員がタイムを告げた時からである。

答  〇  ・  

 

問2

野球のルールでは、タイムはいつでも必要であれば要求できる。

答  〇  ・  

 

問3

選手交代時のタイムは、ピッチャー交代 代打 代走等あるが、控え選手と交代した選手は、その試合には再度出場できない。

答  〇  ・  

 

問4

守備側の監督が1イニングに3回投手のところに向かった。この場合は、ピッチャーは自動的に交代となる。

答  〇  ・  

 

問5

キャツチャーがピッチャーのところに行ける回数は、1試合4回までである

答  〇  ・  

 

問6

高校野球でのタイムを要求した場合は、審判員が「タイム」を宣告してから30秒以内と決められている。

答  〇  ・  

 

問7

高校野球では、攻撃側チームの場合は打者 走者へのタイム(伝令)は1試合3回まで取ることができる。

答  〇  ・  

 

問8

打者や走者がプレイ中のトラブル等で、負傷した時の監督からの伝令が必要な場合で、攻撃側に責任がない時はタイムの回数に数えられない。

答  〇  ・  

 

問9

守備側のチームの選手に、監督の指示を伝える(タイム)は、1試合に3回までである。

答  〇  ・  

 

問10

守備側チームのタイムは、内野手(捕手も含む)が2人以上マウンドに集まった場合は、1回と数えられる。

答  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1  〇  問2   ✖  問3  〇  問4  ✖  問5  ✖ 

問6  〇  問7   〇  問8   〇    9   〇   10  〇 

 

解説

問1について

タイムを要求して有効となるのは、タイムを要求した時点ではなく、審判員がタイムを告げた時から成立します。。

 

問2について

野球のルールでは、タイムはいつで要求できるわけではありません。

攻撃側のチームであれば、ピッチャーが投球動作に入ったらタイムはかけられません。

審判員は、試合中の場合は突発的な事故以外は、タイムを宣言してはいけないことになっています。

 

問3について

野球では、控え選手と交代した選手は、その試合には再度出場できません。

 

問4について

守備側の監督が1イニングに2回投手のところに向かった場合は、ピッチャーは自動的に交代となります。「投手のところに向かう定義」は、ファウルラインを越えた瞬間です。

また、監督からの指示で登板した投手は、そ時の対戦する打者をアウトもしくは走者にし、次の打者と対するまで交代はできません。

問5について

キャツチャーがピッチャーのところに行ける回数は、1試合3回までと定められています。

 

問6について

高校野球でのタイムを要求した場合は、審判員が「タイム」を宣告してから30秒以内と決められています。また高校野球では、監督がグランドに出ることが禁止されているため、伝令の選手が監督の指示を審判員に伝えなくてなりません。

 

問7について

高校野球では、攻撃側チームの場合は打者 走者へのタイム(伝令)は1試合3回まで取ることができます。(それ以前のタイムの回数は関係しません)

 

問8について

打者や走者がプレイ中のトラブル等で、負傷した時の監督からの伝令が必要な場合で、攻撃側に責任がない時は、タイムの回数に数えられません。

 

問9について

守備側のチームの選手に、監督の指示を伝える(タイム)は、1試合に3回まです。

延長戦の場合は、1イニングにつき1回だけタイムを取ることができます。

(それ以前のタイムの回数は関係ありません)

 

問10について

守備側チームのタイムは、内野手(捕手も含む)が2人以上マウンドに集まった場合は、1回と数えられます。

 

まとめ

野球において試合中に選手 監督 コ-チは、必要でれば審判員に「タイムを」を要求することができます。

 

星猿の教訓

何でも分の力で考えることが大切。

自分で考えれば自分に責任が出て来る!

 

人生に失敗がないと、人生に失敗する!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。