【野球】 ボルチモアチョップ?  なんのこと? 教えて

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 ボルチモアチョップについて、事例を交えて簡単解説します

 

野球 ボルチモアチョップ? なんのこと?

 

日本でボルチモアチョップは、投手(ピッチャー)が投げた球(ボール)をバットでたたき付けて振り、高く跳ね上がる(バウンド)ことを利用して、発生させたヒット(内野安打)のことと呼ばれています。

アメリカで野球が行われた初期の硬式野球では、球(ボール)の反発力が弱く長打が出にくい状況でした。

また、ボルチモアの野球場のグランドコンディションが酷く悪く、ゴロを打てばイレギュラーバンドするほどの状況のため、ボルチモアチョップや、エンドランが多く戦術として使われていました。

しかし、現在の硬式野球では、戦術としては廃れています。

 

野球 ボルチモアチョップ  軟式野球向きなの?

 

軟式野球などでは、球(ボール)をたたきつけて、高いバウンドにして内野安打を狙い、得点していくという戦術がありました。

現在は、軟式野球の戦術としては、グランドコンディションの状況に応じて、使われるぐらいでしょう。

 

硬式野球で廃れたのは なぜなの?

 

硬式野球でボルチモアチョップが使われなくなったのは、グランドコンディションの良い野球場が多ことと、人口芝の質の向上で打球が叩きつけられても、天然芝のように大きく弾むこがなくなったのも大きな要因でしょう。

現在では、硬式野球でこのボルチモアチョップを戦術では見られません。

偶然打球が高くバウンドした結果、内野手がジャンプが届かないで後方に逸らして、安打(ヒット)になるケースはあまり見受けられません。

野球場で人口芝が使われた初期は、打球が叩きつけられる高くバウンドして、ボルチモアチョップで内野安打が見られ「人口芝ヒット」と呼ばれていました。

 

野球 ボルチモアチョップと呼ばれるの?   なぜなの?

 

野球 ボルチモアチョップと呼ばれるのは、アメリカのメジャーリーグで、ナショウナルリーグのボルチモアオリオールズが戦術として用いてことから、「ボルチモアチョップ」と呼ばれています。  

 

野球 ボルチモアチョップ 事例

 

先攻レッドコンドルズ 対 後攻アルパカズの試合です。

9回表 スコア1対1の同点 2死(2アウト)走者(ランナー)3塁で、レッドコンドルズの8番打者が3塁(サード)前に高く跳ね上がった打球を打ちました。

3塁手(サード)は、ダッシュ前進して捕球後1塁(フアースト)へ送球しましたが、間に合わずセーフとなり1得点与えてしまいました。

 

解説

このケースは、レッドコンドルズの俊足走者(ランナー)の8番打者が、内野安打を狙って、球(ボール)をたたききつけて高く跳ね上がらせ1塁に進塁しました。

 

 

事例

グランドコンディションの悪い野球場での、モンキーズ 対 カピパラズの試合です。

モンキーズの7番打者が、投球された球(ボール)を叩きつけ、カピパラズの遊撃手(ショート)前にゴロを打ちました。

打球は遊撃手(ショート)が捕球しようとした瞬間に変化して、遊撃手(ショート)の後方に転がりました。

これもボルチモアチョプヒット?・・・

 

解説

たたきつけるバッティングをアメリカではボルチモアチョプと呼ばれています。

たたきつけていなくても内野安打になりそうな緩いゴロを打ってしまった時もボルチモアチョプと呼ぶようです。

 


かっこいいカフスネクタイピンセット野球のバットと手袋 HAWSONおしゃれセット。

 

まとめ

 

ボルチモアチョップは、投手(ピッチャー)が投げた球(ボール)をバットでたたき付けて振り、高く跳ね上がる(バウンド)ことを利用して発生させたヒット(内野安打)のことです。

アメリカで野球が行われた初期の硬式野球では、球(ボール)の反発力が弱く長打が出にくい状況でした。

また、ボルチモアの野球場のグランドコンディションが酷く悪く、ゴロを打てばイレギュラーバンドするほどの状況のため、ボルチモアチョップやエンドランが多く戦術として使われていました。

しかし、現在の硬式野球では、戦術としては廃れています。

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。