【野球】 ハーフウエーとは どんなのか?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、ハーフウエーとは どんなのか?

事例を交えて解説します。

野球のハーフウエーとは、1塁~2塁 2塁~3塁 3塁~本塁の中間点のことを言います。

 

それではハーフウエーとはどんなのか?

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

今回は、ハーフウエーとは どんなのか?

問1

野球のハーフウエーとは、本塁~1塁 1塁~2塁 2塁~3塁 3塁~本塁の中間点のことを言う。

答え  〇  ・  

 

問2

打者の打球をノーバンドで野手に捕球されると、塁上の走者にはリタッチの義務が発生する。

答え  〇  ・  

 

問3

ハーフウエーは、走者が進塁でも帰塁でも、どちらでも対応できる位置である。

答え  〇  ・  

 

問4

0アウト走者1塁で、打者走者が送りバンドを仕掛けてきた。その際、打球はキャッチャーの前方に上がった小飛球であった。このとき1塁走者はハーフウエーの位置を取った。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1  ✖   問2  〇   問3    〇  問4 〇  

 

解説

問1について

野球では、本塁から1塁まではハーフウエーに含まれません

野球のハーフウエーとは、1塁~2塁 2塁~3塁 3塁~本塁の中間点のことを言います。

 

問2について

打者のノーバンドの打球の場合は、野手に捕球される可能性があるので、安易に進塁できません。走者は、ハーフウエーで野手の捕球を確認されなければ、リタッチは不要で進塁を狙うことができます。

 

問3について

ハーフウエーで走者が打球を見て、進塁か帰塁の判断をするかは、相手の野手がノーバウンドで捕球すれば前の塁に戻り、ベースタッチしなくてはなりません。野手がノーバウンド捕球でなければ次の塁を狙います。

 

問4について

走者が1塁ベース付近であれば、キャッチャーは送りバンドの飛球をわざと捕球しないで落として、1塁走者を2塁でフォースアウトにするでしょう!

 

まとめ

野球のハーフウエーとは、1塁~2塁 2塁~3塁 3塁~本塁の中間点のことを言います。

野球では、本塁から1塁まではハーフウエーに含まれません

星猿の教訓

周りの人を大切にするようにしたら、人生変わった!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です