【野球】 トラックマン?  なんのこと? 教えて


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 トラックマンについて、簡単解説します

 

野球 トラックマン?  なんのこと?

トラックマンとは、自動車のトラックの運転手ではありません。

野球 トラックマンとは、デンマークのTRACKMAN社が開発した弾道測定機器のことです。

アメリカのメジャーリーグでは、試合が行われる30球場にトラックマンが設置され、すべてのボールを計測しています。

 

弾道測定機器? なんなの?

迎撃ミサイル「パトリオット」の開発で生まれた技術を転用して、開発され生まれた測定器です。

トップラレーダーというレーダーによって、球(ボール)をトラッキング(追撃)することができます。

トラックマンの能力は、どんなの確認?

トラックマンの能力は、投手(ピッチャー)の投球した球速、球(ボール)の回転数、打撃時の球速や角度、飛距離など様々なデータを取得できて、非常に高精度であります。

これらを利用することで、ピッチングやバッティングに関する情報を可視化し、練習やプレイに役立てられることがトラックマンの大きなメリットです。

可視化と見える化の違い なんなの?

「可視化」とは、実際に目に見えないものを目に見える状態にすることです。

「見える化」は「可視化」に加えて見たいと思わないときでも、強制的に見えるようになっており、また、改善のためのフィードバックや、アクションを起こせるようになっている点で「可視化」と異なります。

 

野球 トラックマン 日本のプロ野球は どうなの?

日本でも、2015年に東北楽天イーグルスが導入したのを皮切りに、広島東洋カープを除く11球団がチームの強化や戦略に活用しています。

  

トラックマン  取得できるデータ どんなの?

投手(ピッチャー)の投球された球(ボール)のデータ

球(ボール)の球速(スピード)

球(ボール)の回転数

球(ボール)の変化量(大きさ)

本塁(ホーム)ベース到達時の球(ボール)の位置

トラックマンは、スピードガンとは違い、ボールから離れた直後のボールの速度(スピード)が計測できるため、球場で表示される球速よりも速度が高くなることが多いです。

 

  • スピードガンは、投手(ピッチャー)から捕手(キャッチャー)へ球(ボール)が移動する間に何回も計測を繰り返します。
  • その計測した中で1番早い球(ボール)が「最高速度」で、1番新しいものが「終速/最低速度」になります。

 

打撃された球(ボール)のデータ

打球の速度(スピード)

打球の角度

打球の飛距離

 

トラックマンの計測されるデータによって、これまで投手(ピッチャー)また、打者(バッター)を主観で表現されていた「伸びのある早いボール」や「パワーヒッター」などを客観的な数値で表現できるようになりました。

 

※トラックマンはスタットキャストの一部です。

 

スタットキャストと どこが違うの?

トラックマンと、高解析カメラを組み合わせたものがスタットキャストです。

スタットキャストは、トラックマンや複数の光学高精細カメラを駆使し、グランド上の選手やボールの位置などのデータを記録、数値化するシステムです。

 


かっこいいカフスネクタイピンセット野球のバットと手袋 HAWSONおしゃれセット。


 

まとめ

野球 トラックマンとは、デンマークのTRACK MAN社が開発した弾道測定機器のことです。

アメリカのメジャーリーグでは、試合が行われる30球場にトラックマンが設置されすべてのボールを計測しています。

※トラックマンはスタットキャストの一部です。

➡問題はこちらへ【野球】 トラックマンとは どんなのか? 問題

➡野球 スタットキャストはこちらをご覧ください【野球】 スタットキャスト?  なんのこと? 教えて

➡野球 セイバーメトリクスはこちらをご覧ください【野球】 セイバーメトリクス?  なんのこと? 教えて

  

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です