【野球】 キャッチャーの役割は どんなの? 簡単問題10問 確認編

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 キャッチャーの役割について、事例を交えた簡単問題 10問です。

 

回答欄に正しければ 〇 間違っていたら ✖を囲んで答えて見てください。

解答は、まとめとして記載してあります。

それでは、やってみましょう!

 

キャッチャーの役割は どんなこと? 簡単問題10問 確認編

問1

野球においては、捕手(キャッチャー)は、守りの要であり、打者(バッター)の特性やデータまた、その時の状況によっては守備陣にサインを出して,ポジションを動かすことが求められます。

 答え  〇  ・  

  

問2

捕手(キャッチャー)は、打者(バッター)がどのボールを狙っているか、投手(ピッチャー)の持ち球、特徴、試合状況を加味し、判断してリード(配球)しなければなりません。

 答え  〇  ・  

  

問3

捕手(キャッチャー)は、本塁(ホーム)での走者とのクロスプレイを阻止することが重要です。

また、危険なプレイが多く現在では、コリジョンルールが適用され危険なプレイは少なくなりました。

 答え  〇  ・  

  

問4

コリジョンの運用基準

コリジョンのルールは、走者が明らかに守備側選手に向かい発生した衝突や、守備側が明らかに走者の走路妨害をした場合に適用されます。

 答え  〇  ・  

 

 問5

コリジョンの運用基準

守備側の立つ位置は、基本的に本塁の前です。

 答え  〇  ・  

 

問6

コリジョンの運用基準

送球がそれ、走路に入らなくては守備ができなかった場合は、適用しません。

 答え  〇  ・  

 

 問7

コリジョンの運用基準

衝突がなくても、立つ位置が不適切なら審判員が与えることがあります。

 答え  〇  ・  

 

 問8

コリジョンルールの本来の目的は、悪質なプレイをなくすことです。

 答え  〇  ・  

 

 問9

捕手(キャッチャー)のフレーミングとは、ストライクゾーンぎりぎりの「際どいボール」を捕球動作や捕球体制などを工夫することによって球審に「ストライク」と判定させる捕球時のテクニック(技術)です。

 答え  〇  ・  

 

 問10

捕手(キャッチャー)のリードとは、捕手が1球ごとに投手(ピッチャー)にサインを出して、球種やコースの指示出を出す行為をする役割のポジションです。

 答え  〇  ・  

 


[ニューバランス] スニーカー ML527 【Limitedモデル】 LA(BLACK) 24.5 cm D

 まとめ

回答 正解はこちら

問1  〇 問2   〇   問3    〇   問4 〇   問5   〇

問6   〇   問7  〇  問8     問9   〇 問10 〇

 

問1について、捕手(キャッチャー)は、守備側の時は、第2の監督とも言えます。守備の選手の中では、唯一全体を見渡せることができるポジションであります。

 

 問2について、捕手(キャッチャー)のリードは、打者(バッター)が打てるかどうかが決まる場面なので、とても重要です。

 

 問8

コリジョンルールは、キャッチャーは本塁(ホーム)の前で送球を待って、走路を妨害する行為や本塁(ホーム)のブロックをしなければルール違反にはなりません。

 

 

 

 星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。