【野球 ルール】同時はアウト?それともセーフ 問題10問 確認編

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 ルール同時はアウト?について、事例を交えた簡単問題10問です。

 

結論から言えば同時はセーフです。

ルールブックには「同時はセーフ」と書いてありませんが、打者(バッター)がフェアの打球を打ったあと、打者走者(バッターランナー)として1塁に触れる前に、その身体または、1塁に触球(タッチ)された場合はアウトになるとあります。

 

野球 ルール 同時はアウト それともセーフについての確認問題 10問です。

回答欄の 〇 ✖を囲んで答えて見てみてください。

それでは、やってみましょう。

 

同時はアウト?それともセーフ 問題10問 確認編 

 

問1

打者(バッター)が、三遊間の深いところにゴロの打球を放ち、遊撃手(ショート)が捕球して1塁へ送球しました。

この際、打者走者(バッターランナー)は、1塁手(ファースト)の触球と、同時に1塁ベースに達したと審判員に判定されセーフになりました。

 

答え  〇  ・  

 

問2

1死(1アウト) 2塁 3塁で、打者(バッター)がセンターへ飛球(フライ)を放ちました。

その後、中堅手(センター)の捕球と同時に、3塁走者(ランナー)はタッチアップで本塁を狙い、2塁走者(ランナー)もタッチアップで3塁を狙い走りました。

その際、中堅手(センター)はバックホームが間に合わないと判断し、3塁へ送球して2塁走者(ランナー)をアウトにしました。

このとき、2塁走者(ランナー)のアウトと、3塁走者(ランナー)の本塁(ホーム)の到達が同時と審判員は判定しました。

結果、得点は認められませんでした。

 

答え  〇  ・  

 

問3

1死(1アウト)走者(ランナー)1塁で、打者(バッター)が3塁ゴロを打ちました。

守備側の3塁手(サード)が捕って2塁(ベース)に送球しました。

その際、1塁走者と3塁手の2塁への送球が、2塁ベース上で審判員はタイミングが同時と判定しました。

結果、1塁走者はセーフになりました。

 

答え  〇  ・  

  

問4

無死(0アウト)走者(ランナー)1塁 2塁で打者(バッター)が遊撃手(ショート)ゴロを打ちました。

打球は、守備側の遊撃手(ショート)が捕球して3塁(サード)へ送球しました。

その際、3塁上で2塁走者(ランナー)と送球されたボールの到達が同時と審判員が判定しました。

結果、2塁走者はセーフになりました。

 

答え  〇  ・  

  

問5

2死(2アウト)走者(ランナー)1塁で、打者(バッター)が左中間を破るヒットを放ちました。

その際1塁走者(ランナー)は、外野手がもたつく間に2塁を回り、3塁から本塁を狙い走塁しました。

打者走者(バッターランナー)も2塁ベースを狙いました。

この時、打者走者(バッターランナー)は、センターからの返球で2塁タッチアウトになりました。

しかし、この2塁のアウトが審判員は、ホームベースを踏んだ1塁走者と同時と判定しました。結果、1塁走者の得点が認められました。

 

答え  〇  ・  

 

  

問6

野球において、プロ野球 社会人野球 大学野球 高校野球 一般軟式野球 リトルシニア野球 ボーイズリーグ(中学部) の塁間の距離は、28.431である。

 

答え  〇  ・  

 

問7

2死(2アウト)走者(ランナー)3塁から、打者(バッター)がセンター前に抜けそうな当たりを放ちました。

しかし、守備側の遊撃手(ショート)が横飛びで好捕し、すぐに起き上がり1塁へ送球しました。

その際、打者走者(バッターランナー)と1塁への送球の到達が同時に見えましたが、1塁塁審の判定はアウトでした。

その後、攻撃側の監督からリクエストの要求があり、リプレイの検証の結果、セーフと判定が覆りました。

 

答え  〇  ・  

 

問8

走者(ランナー)1・2塁のとき、2塁走者(ランナー)が2塁 3塁間に挟まれている間に、1塁走者(ランナー)が2塁(ベース)に到達しました。

しかし、2塁走者(ランナー)が挟殺をくぐり抜けて2塁に戻って来ました。

2塁ベース上に2塁走者(ランナー)と1塁走者(ランナー)がいることになりました。

野手は1塁走者(ランナー)に触球してアウトを審判員へアピールにしました。

 

 答え  〇  ・  

  

問9

1死(1アウト)走者(ランナー)1塁で、打者(バッター)の打った打球が3塁手(サード)前に転がり、その打球を3塁手が捕球して、2塁へ送球し、2塁手から1塁へ送球しました。

その際、1塁手(ファースト)の捕球は、打者走者(バッターランナー)と同時と、審判員は判定してアウトにしました。

 

答え  〇  ・  

 

問10

プロ野球では、リクエスト判定が導入され「同時」であるか無いかが、リプレイで分かるケースも増えてきました。

しかし、ビデオ判定でも「わからない」ケースは、直前の審判員の判定が優先されます。

 

答え  〇  ・  

 

 


[ニューバランス] ランニングシューズ M411 ランニング/ウォーキング/幅広 ブラック/シルバー(LB1) 27 cm 2E

まとめ 

回答 正解はこちら

問1   〇  問2   〇  問3    〇   問4 〇     問5   ✖ 

問6     〇    問7    〇  問8  〇    問9  ✖   問10 〇

 

※問2につきましては、ようするに、3人アウトになって、そのイニングが終了する前に日本塁(ホーム)を踏めば得点(1点)は認められます。

終了と同時または、そのあとに本塁(ホーム)を踏んでも得点は認められません。

 

※問3につきましては、1死(1アウト)で、2塁(ベース)の同時はセーフになります。

1塁走者(ランナー)は、進塁の義務が発生するのでフォースアウト(タッチ不要)となります。

 

※問5について、2アウトの場合は3アウト目が、2塁と本塁を踏んだのが同時と判定された場合は、本塁での得点は認められません。

 

※問7について、規則「注」には打者(バッター)をアウトにするには、守備側は触塁時に「確実にボールを保持していなければならない」とあります。

リプレイ検証では1塁手(ファースト)の確実に捕球されていないと判定されています。

 

※問8は、規則(ルール)で、後ろの走者(ランナー)がアウトになります。

 

※問9は、1塁の同時はセーフです。

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。