【野球 キャッチャーの役割】は何か?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 キャッチャーの役割について簡単解説します

・ピッチャーが投球しやすいように捕球する

 

すべてのポジションの野手の基本としては、相手が捕球しやすいボールを投げることです。

しかし、ピッチャーの場合は、バッターに打たれないように変化球等のボールを投げ、そして四球も簡単には出せません。

それでもキャチャーはしっかりボールを捕球しなくてはならない役割があります。

ピッチャーが投球したボールを取れなかったりしたら、ストライクのボールもボールと判定されたり、ランナーがいれば進塁されてしまいます。

また、キャッチャーは相手チームに点を与えてはならない、最後のホームベースを守らなければなりません。

クロスプレーでキャッチャーがボールを捕球できなければ、得点を与えてしまいます。

逆に難しいボールでも捕球できれば、得点を防げます。

このように好プレーができるときは、試合の流れも良くなる時が多いものです。

なので、得点になってしまうホームベースを守る役割のキャッチャーは、どこのポジションよりも基本である「ボールを捕球」する技術が必要です。

・キャッチャーは第二の監督(守備全体への指示も出します)

 

キャッチャーは、第二の監督と言ってもいいでしょう。

守備の選手の中で、唯一全体を見渡せるポジションにあります。

キャッチャーは守りの要であり、バッターの特性やデータもしくは、その時の状況によっては、守備陣にサインを出してポジションを動かすことが求められます。

このような時のキャッチャーは、相手のバッターがなにを狙っているのか、ピッチャーの持ち球や特徴、試合状況を加味して判断してリード(配球)して行きます。

バッターが、打てるかどうかが決まる場面なので、とても重要な役割です。

・けん制球・盗塁の阻止

盗塁を阻止するのもキャッチャーの役割です。

塁に出たランナーは、塁から離れてリードをとりますけど、ランナーがかなり大きいリードをしている時があります。

走者(ランナー)は、塁に触れていない状況でタッチされるとアウトになるので、ピッチャーの投球を受けた後キャッチャーは、ランナーのいる塁に送球することがあります。

これが、キャッチャーからのけん制球で、状況によっては非常に効果的です。

また、俊足のランナーは得点を取るため、次の塁へ進もうとしてきます。

これらの盗塁も送球して阻止ししなければなりません。

・本塁ベースでのクロスプレーでの阻止

本塁を狙ってくるランナーと、クロスプレーを阻止するのもキャッチャーの役割です。

得点が絡んできますので、ランナーも必死でホームベースを狙ってきます。

このクロスプレーを阻止することは、試合の流れにも影響してくるので大変重要です。

現在は、コリジョンルールというルールが適用されていて、本塁を空ける必要があります。

このルールで、体当たりするなどの危険なプレーは少なくなりました。

・キャッチャーが最低限押さえておくべきルール?

 

コリジョンルールの運用基準

1. 走者が、明らかに守備側選手に向かい発生した衝突や、守備側が明らかに走者の走路妨害した場合に適用します。

2. 守備側の立つ位置は、基本的に本塁の前です。

3. 送球がそれ、走路に入らなくては守備ができなかった場合は、適用しません。

4. 衝突がなくても、立つ位置が不適切なら、審判員が警告を与えることがあります。

※コリジョンルールは、キャッチャーは、本塁の前で送球を待ち、走路を妨害するようなブロッキングをしなければ、問題ないようです。

コリジョンルールの本来の目的は、悪質なプレーをなくすことなのです。

キャッチャーボーク

ランナーがいるケースで、敬遠の際にキャッチャーはピッチャーからボールが離れるまでキャッチャーズボックスの中にいなければいけません。

投球前にキャッチャーズボックスの外に出てしまうとボークになります。

投手のボークと同様にランナーは一つ進塁できて、バッターランナーも一塁へ進塁できます。

キャッチャーボーク+打撃妨害

キャッチャーミットがバッターのバットに触れてしまうと打撃妨害になります。

この場合、バッターは一塁へ進塁して、ランナーがいる場合は、ランナーも一つ塁を進んでしまいます。

例えば、ランナー2塁にいる時、ヒットエンドランでバッターがバットを振った時にキャッチャーミットなどに当たった場合は、打撃妨害+キャッチャーボークとなります。

その際、ランナーは一つ進塁ができて、バッターも一塁へ進塁できます。

振り逃げ

 

キャッチャーが、3ストライク目の投球を正しく捕球できない場合or投球がワンバウンドの場合は、バッターはその場でアウトにならず1塁へ進塁しょうとするプレーです。

バッターに与えられるのは、あくまでも一塁へ進塁する権利であり、守備側がバッターランナーを一塁へ到達する前に、一塁へ送球するかタッチすればアウトになります。

0アウト、1アウトで、1塁にランナーがいる時には振り逃げはできません。

2アウトであれば、1塁にランナーがいても振り逃げは成立します。

キャッチャーのやるべきこと

 

上記について、キャッチャーがやるべきことは、バッターはランナーになるので、1塁へ送球してアウトにするか、打者走者(バッターランナー)へタッチをしてアウトにするかのどちらかです。

2死(2アウト)満塁の場合は、捕手(キャッチャー)はホームベースを踏めばアウトにできます。


ゼット(ZETT) 硬式野球 キャッチャーミット プロステイタス 右投げ用 ブラック/オ-クブラウン(1936) 専用グラブ袋付き 【日本製】 BPROCM720

➡キャッチャーの役割はこちらへ【野球】 キャッチャーの役割は どんなの? 簡単問題10問 確認編

➡キャッチヤーのフレーミングはこちらへ 野球 キャッチャーのフレーミング? 何のこと?

➡塁間距離などはこちらへ【野球 】塁間の距離はどんだけ?

➡ファーストの役割はこちらへ

まとめ

 

捕手(キャッチャー)は守りの要であり、打者(バッター)の特性やデータもしくは、その時の状況によっては、守備陣にサインを出してポジションを動かすことが求められます。

キャッチャーは、第二の監督(守備全体への指示も出します)的な、とっても重要な役割のポジションです。

➡インサイドワークはこちらへ【野球】 キャッチヤー インサイドワーク? なんのこの? 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。