【野球】インフィールドフライとは どんなの?事例を交えて簡単解説します。

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球インフィールドフライについて、事例を交えて簡単解説します。

野球 インフィールドフライ どんなとき?

 

インフィールドフライとは 「無死または一死」で「走者一・二塁」または、満塁のときに打者が内野へ打ち上げたフェアの飛球のことです。

審判員が「内野フライ」と判断したものをインフィールドフライといいます。

インフィールドフライと判断した審判員は、上空を指差し「インフィールドフライ」とコールを行います。

続いてアウトのジェスチャーとともに「バッタ―アウト」とします。

インフィールドフライは、打者(バッター)がバットを振っ て内野へ打ち上げた飛球に対して適用する規則であります。

ライナー、及びバンドによる飛球には、適用されません。

※インフィールドフライは、攻撃側が不利にならないために作られたルールです。

フライのケースによっては、ファールになるケースもあることを頭の中に入れておきましょう!

野球 インフィールドフライが宣告される事例①

 

1アウト走者(ランナー)一・二塁のとき、打者(バッター)が二塁(セカンド)フライを打ち上げました。

このとき、審判員はインフィールドフライを宣告して、打者(バッター)はアウトとなり、ボールインプレイで再開されました。

野球 インフィールドフライが宣告される事例②

 

無死満塁のとき、打者(バッター)がフェアーグランドに三塁(サード)フライを打ち上げました。

このとき、審判は、インフィールドフライを宣告して、打者はアウトとなり、ボールインプレイで再開されました。

野球 インフィールドフライが宣告される事例③

 

無死満塁のとき、打者(バッター)が、一塁(ファースト)のフェアーグランド上空に飛球(フライ)を打ち上げました。

このとき審判員は、インフィールドフライを宣告しましたが、一塁手が落球してしまいました。

この場合は、落球してもインフィールドフライが宣告されているので、打者走者(バッターランナー)はアウトになり、ボールインプレイで再開されます。

野球 インフィールドフライ イフフェアが宣告される事例➃

 

一死、一塁・二塁で打者(バッター)が三塁(サード)フライを打ち上げました。

インフィールドフライの飛球がファールかフェアか難しい箇所にフライが上がったので、審判はインフィールドフライイフフェアを宣告しました。

打球はフェア地域で捕球され、アウトになりました。「この場合は、イフフェアなのでフェアならバッターアウト」という意味です。

野手が打球に触れることなくファウル地域に打球が落ちた場合は、アウトの宣告が取り消されファウルになります。

 


[パトリック] MARATHON 9624 GRY 42(26.5cm)



➡インフィールドフライ事例はこちらへどうぞ【野球ルール】簡単事例集 NO.17インフィールドフライ

まとめ

インフィールドフライとは、「無死または一死」で「走者一・二塁」または、満塁のときに打者が打ち上げた内野へのフェアの飛球であります。

 

➡野球インフィールドフライの問題はこちら【野球 ルール】インフィールドフライとはどんなの? 問題10問 確認編 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。