野球の隠し球(かくしだま)とは? ルールどんなの? 教えて

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 隠し球(かくしだま)について、事例を交えて簡単解説します。

 

野球 かくし球? ルール どんなの?

 

野球においての隠し球(かくしだま)とは、走者(ランナー)に気づかれないように野手が球(ボール)を隠し持って、走者(ランナー)が塁(ベース)から離れた時に触球して、走者(ランナー)をアウトにする戦術(トリックプレイ)のことです。

この戦術はトリックプレイを指しますが、投手(ピッチャー)が、球(ボール)を持っていない状態で、投手板(ピッチャープレート)を跨いだりしたり、捕手(キャッチャー)のとサインを交換するような偽装行為をすると、審判員からボークの宣告が発せられます。

公認野球規則では、定義されておらず用いられてもいませんが、一般には広く普及しています。

  

高校野球では隠し球は どうなの 認められているの?

 

現在、高校野球では「隠し球禁止」が暗黙の了解になっている状況ですが、もし隠し球(かくしだま)をしたとすれば、審判員は、厳しくボークをとる傾向にあります。

高校野球等では、隠し球(かくしだま)などしないで正々堂々と勝負することを望みます。

  

野球 隠し球(かくしだま) 事例

事例 隠し球(審判員のミスでアウトが取り消し)

アルパカズ 対 イエローモンキーズの試合です。

9回裏 アルパカズの攻撃で、二死(2アウト)走者(ランナー)1塁で 代打(ピンチヒッター)が起用されました。

その後、球審がプレイを宣告した直後に、アルパカズの1塁走者(ランナー)は離塁し始めました。

その際、球(ボール)を隠し持っていた1塁手(ファースト)に触球され、1塁の塁審もアウトを宣告しました。

しかし、アルパカズの監督から指摘があり、球審も認め、アウトは取り消されました。どうしてなの?

 

解説

このケース、審判員のミスでアウトは取り消されました。

アルパカズの監督からの指摘は、「代打(ピンチヒッター)起用のため、タイムがかけられた後、投手(ピッチャー)が、球(ボール)を持って正規に投手板(ピッチャープレート)で位置する前に、球審がプレイを宣告したことが規則違反であるとをアルパカズの監督が指摘して認められました。

 

事例 隠し球(ボークになるケース)

アングラーズ 対 マウンテンズの試合です。

5回裏 アングラーズの投手(ピッチャー)が、先頭打者(バッター)にセンター前ヒットを打たれた後、後続の打者(バッター)がバッタボックスに入った際、投手板を離れて、セットポジションの構えからの投球モーションを、何回か繰り返しました。

その際、審判員よりアングラーズの投手(ピッチャー)にボークの宣告が発せられました。

 

解説

このケース、投手(ピッチャー)がボールを持たないで、投手板(ピッチャープレート)に立ったり、跨いだり、投手板(ピッチャープレート)から離れて、投球をするまねする等をした場合は、審判員よりボークが発せられます。

「6.02原注」ボークルールの目的は、投手(ピッチャー)が、意図的に騙(だまそう)そうとするのを防ぐものです。

 

事例 隠し球(ボークにならないケース)

カピパラズ 対 ベアーズの試合です。

カピパラズの投手(ピッチャー)が、ベアーズの打者(バッター)のセフティーバンドを自ら捕球して、1塁(ファースト)に送球しましたが、アウトにすることができませんでした。

その後、少しマウンド付近に立ち、1塁手(ファースト)からボールを受け取るために立っていました。

その際、セフティーバンドで出塁した1塁走者(ランナー)が離塁をし始めたため、1塁手(ファースト)が1塁走者(ランナー)に触球して、結果アウトになりました。

 

解説

このケース、投手(ピッチャー)が、マウンド付近また、投手板(ピッチャープレート)の近く立ち、1塁手(ファースト)に協力して、1塁走者(ランナー)をだましたとしても、審判員に意図的な動きでないと判断されなければ、ボークにはなりません。

投手が走者を騙(だまそう)そうとすれば、野手が「隠し球」をやろうとしていなくても、審判員よりボークが発せられます。

 


[アディダス] スニーカー ファルコンラン DBG95 コアブラック/フットウェアホワイト/コアブラック(F36199) 26.5 cm

まとめ

野球においての隠し球(かくしだま)とは、走者(ランナー)に気づかれないように野手が球(ボール)を隠し持って、走者(ランナー)が塁(ベース)から離れた時に触球して、走者(ランナー)をアウトにする戦術(トリックプレイ)です。

この戦術は、トリックプレイを指しますが、投手(ピッチャー)が球(ボール)を持っていない状態で、投手板(ピッチャープレート)を跨いだりしたり、捕手(キャッチャー)のとサインを交換するような偽装行為をすると、審判員からボークの宣告が発せられます。

公認野球規則では、定義されておらず用いられてもいませんが一般には広く普及しています。

 

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。