野球 キャッチャー フレーミングとは どんなの? 問題6問

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 キャッチャー フレーミングの問題 6問です。

 

野球でフレーミングとは、簡単言うと、捕手(キャッチャー)が投手(ピッチャー)から投球された球(ボール)が、際どいボールゾーンの場合、キャッチャーが捕球の時にストライクゾーンの外側から内側にキャッチャーミットを動かして、審判にストライクを誘う行為のことです。

フレーミングは、行為的には審判を騙していることになります。

 

それでは、やってみましょう。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

  

野球 キャッチャー フレーミングとは 確認問題 6問

問1

フレーミングは、キャッチャーの技術の1つと言う人もいますが、審判員の目線ではフレーミングしても、審判員は、体やキャッチャーミットを動かしても、ほぼほぼわかるものです。

答え  〇  ・  

 

問2

ピッチャーが投球した時、際どいボールの場合は、キャッチャーはできるだけストライクゾーンの内側に持っていくことが重要だ。

答え  〇  ・  

 

問3

キャッチャーが、ピッチャーの投球した外角低めの際どいボールを、捕球した際に意図的にキャッチャーミットを内側に動かし、自分でストライクの判定をするような行動をした。

このようなことをすると、ボールになる可能性がある。

答え  〇  ・  

 

問4

キャッチャーが、ピッチャーが投球した内角低めの際どいボールゾーンボールを、キャッチャーミットを動かしながら捕球したりすると、審判員はストライクの判定する可能性がある。

答え  〇  ・  

 

問5

A Iによる判定に今後、なるのか?

メジャリーグ(M L B)機構と、審判員組合が2024年までの労使協定で、コンピューターによるストライク、ボールの判定を将来的に導入することで同意した。

答え  〇  ・  

 

問6

アマチュア野球連盟では、卑劣な行為(フレーミング)を無くすため、「ミットを動かすな」運動をアマチュア野球各連盟に提言している。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1  〇    問2   ✖  問3    〇   問4  〇    問5   〇 

問6  〇

 

解説

問1について

審判員も生身の人間なので、フレーミングは逆にストライクのボールも、ボールの印象が悪くなり、ピッチャーのストライクゾーンも狭くなります。

 

問2について

キャッチャーは、ピッチャーが投球した際どいボールの時は、自身を持って「ピタット」キャッチャーミットを止めて捕球(キャッチング)することが大切です。

 

問3について

このような捕球した後に、意図的にキャッチャーミットを動かすのがわかれば、審判員もだまされているように思い、ストライクもボールに取られる可能性もあります。

 

問4について

捕球した後にキャッチャーミットを動かせば、ストライクゾーンのボールもストライクの判定にならない可能性があります。

しかし、キャッチャーミットを不自然でないように動かしながら捕球すると、際どいボールはストライクになる可能性があります。

 

問5について

メジャリーグ(M L B)機構と、審判員組合が2024年までの労使協定で、コンピューターによるストライク、ボールの判定を将来的に導入することで同意しました。

審判員は、イヤホーンから判定を聞くので、見た目は変わらないようです。

 

問6について

2009年に全日本野球協会(アマチュア野球連盟)が、審判員を欺く卑劣な行為(フレーミング)を無くすための、「ミットを動かすな」運動を日本野球連盟(社会人野球)学生野球、全日本大学野球連盟、日本高等学校野球連盟(高野連)、全日本軟式野球連盟の5団体に当てて提言しています。

 

まとめ

野球でフレーミングとは、簡単言うと、捕手(キャッチャー)が投手(ピッチャー)から投球された球(ボール)が際どいボールゾーンの場合、キャッチャーが捕球の時にストライクゾーンの外側から内側にキャッチャーミットを動かして、審判にストライクを誘う行為のことです。

 

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。