捕手のインサイドワークとは どんなのか?

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 捕手のインサイドワークについての簡単問題です。

 

 

捕手のインサイドワークとは和製英語です。

インサイドワークとは、スポーツ等では頭脳プレイのことを指します。

野球で使われているインサイドワークは、主にキャッチャーのリードや配球において使われています。

 

それではインサイドワークの問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えてください。

 捕手のインサイドワークについての問題

 

 問1

捕手のリードや配球はとても重要で、打者のデータをしっかり掴んでリードや配球をいろいろ考えて対戦している。

答え  〇  ・  

問2

相手打者に対しての配球は、キャッチャーが考えてサインを出してピッチャーが要求するが、試合前にはバッテリーで確認の打ち合わせをしている。

答え  〇  ・  

 

問3

キャッヤーがインサイドワークを良くするためには、野球をしっかり勉強して、知識や観察力を向上させることが重要だ。

答え  〇  ・  

 

問4

配球やリードを勉強するのであれば、打者のスタンスやバッターボックスの立ち位置など、打者の特徴を観察して分析するこが重要だ。

答え  〇  ・  

 

問5

キャッチヤーの観察力とは、なにげなく物事を見て気づいたことを活かすことが、インサイドワークには必要だ。

答え  〇  ・  

 

問6

客観的とは、第3者として物を見たり考えたりすることである。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1 〇  問2  〇 問3    〇  問4 〇  問5 ✖ 問6 〇

 

解説

問1について

キャッチャーのポジションは、特に他のポジションより経験が重要です。

相手チームの各打者のデータをいかして、リードや配球をいろいろ工夫することで、相手に得点を与えないで勝利に繋げています。

 

問2について

緊迫した試合では、ベンチからキャッヤーへ配球の指示がされることあります。

 

 問3について

インサイドワークの優れたキャッチャーを良く観察して、マネをすると良いでしょう。

 

問4について

キャッチャーのポジションは、たくさん経験を積むことが最も重要です。

知識を身につけて、実践をたくさん経験することです。

 

問5について

観察力とは「注意深く物事を見て気づく力」のことです

同じものを見ても何かを気づく人と気づかない人がいます

しかし、普段の生活の中でも、意識を持ち行動すると観察力は鍛えられます。

 

問6について

客観的とは、自分が考えるままに物事を捉えることです。

また、主体的とは自分の意志や判断に基づき、責任を持って行動することです。

 

 

まとめ

捕手のインサイドワークとは和製英語です。

インサイドワークとは、スポーツ等では頭脳プレイのことを指します。

野球で使われているインサイドワークは、主にキャッチャーのリードや配球において使われています

 

星猿の格言・教訓

  • 価値ある言葉で心は作られて行く。
  • 周りの人を大切にしたら、人生が良い方向に変わった。
  • 何でも自分の力で考えることが大切である。自分で決めれば、自分に責任が出る。

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。