ピックオフプレイとは どんなときか?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 ピックオフプレイについての問題です。

 

ピックオフプレイとは、けん制球を指します。

誰も野手がベースカバーに入ってないと、走者に油断をさせリードを大きくとらせ、投手 捕手 野手がシグナルで意思疎通を通して、走者の隙を突きアウトを狙うプレイのことです。

 

それではピックオフプレイの問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えてください。

野球 ピックオフプレイの問題

問1

ピックオフプレイとは、ピッチャー・キャッチャー・野手がシグナルで意思疎通を通して走者の隙を突きアウトを狙うプレイのことで、シグナル(サイン)で意思疎通した野手が走者の裏をかいてベースカバーして入る戦略です。

答え  〇  ・  

 

問2

ピックオフプレイの目的は、走者をアウトにすることであるが、捕手からのけん制は、走者を進塁させないで、スタートを遅らせるなが目的である。

答え  〇  ・  

 

問3

ピックオフプレイを成功させる場面は、打者が送りバンドをしょうとする際に、走者をアウトにするポイントは、走者に二次リードを大きくとらせて、その裏の心理を突きアウトを狙うことだ。

答え  〇  ・  

 

問4

走者2塁の場面で、投手がセットポジショウンに入り、走者には見向きもせずに、少し間をおいてから2塁へけん制球を投げ、走者のアウトを狙った。この場合のけん制球は、投手単独でけん制球をした。

答え  〇  ・  

 

問5

1アウト走者1塁・2塁の時、走者が大きいリードを取っている。ここで捕手からピックオフプレイのシグナルを出し1塁走者のアウトを狙った。このケースで使えるのは0アウトのときだ。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1 〇    問2  〇   問3    〇  問4 ✖  問5 ✖ 

 

解説

問1について

ピックオフプレイは、投手のけん制球または、ボール球を外して捕手が、ベースカバーに入った野手へ送球します。

問2について

ピックオフプレイは、投手・捕手・野手が連携して走者の心理を突き、油断させて走者のアウトを狙います。

 

問3について

ピックオフプレイでキャッヤーや、ピッチャーが良い送球をしても、走者のリードが少なければアウトにはできません。キャッヤー・野手・ピッチャーの意思疎通が連携プレイのポイントです。

 

 問4について

このピックオフプレイは、捕手から遊撃手がサインを確認して2塁ベースに入り、走者をアウトにする戦法です。投手はセットポジションに入って、捕手のミットに集中している姿を走者に見せることが心理作戦には重要です。

 

問5について

0アウトの1塁の場合は、バンドを警戒して1塁手は1塁走者の前に守ることが多いため、ピックオフプレイは使いません。また、捕手からピックオフプレイのシグナルが出された時は、野手はシグナルを出し、確認したことアンサーを捕手に返します。

まとめ

ピックオフプレイとは、けん制球を指します。

誰も野手がベースカバーに入ってないと、走者に油断をさせリードを大きくとらせ、投手 捕手 野手がシグナルで意思疎通を通して、走者の隙を突きアウトを狙うプレイのことです。

 

星猿の格言

  • 価値ある言葉で心は作られる。
  • 日々の小さな努力が大きな成果を生み出す。

 

 

 星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です