【野球ルール】簡単事例集NO.4バッターランナーのアウト他


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球のルールで、押さえておきたいルールを、事例を持って簡単に解説します。

 

事例① 反則打球

打者(バッター)が、バッターボックスから足をはみ出した状態でホームランを打ちました。その際、審判から打者(バッター)へアウトの宣告がありました。

 

解説
打者(バッター)が、バッターボックスから片足、あるいは両足が完全にはみ出した状態でバットに打球を当てた場合、反則打球となりアウトになります。

事例② バッターランナーのアウト

 

ランナー1塁で、打者(バッター)はホームランを打ちました。その際、打者(バッター)は、ホームランと思わないで1塁ランナーを追い越してしまいました。

その後、審判より宣告がありました。結果、打者走者(バッターランナー)はアウトになりました。

 

解説
追い越した打者(バッター)がアウトになります。また1塁走者(ランナー)の得点は認められない。

事例➂ バッターランナーのアウト

 

2死満塁で打者(バッター)がホームランを打ちました。その際、バッターランナーが、3塁ベースを踏んでいませんでした。その後、相手側監督よりアピールがあり、ビデオ判定の結果アウトになりました。

 

解説
打者(バッターランナー)はアウトになりますが、3人の走者(ランナー)には本塁までの進塁権が与えられるため、3点入ります。

事例➃ 間違えられた打者(バッター)がアウト

 

メンバー表の打順と間違えて、本来6番打者(バッター)が5番打者(バッター)の打順に立ちホームランを打ちました。

その後、相手側の監督から指摘が入り、審判員より打者(バッター)へアウトの宣告があった。

解説
この場合は、本来の間違えられた、5番打者がアウトになります。


Creatck くつ乾燥機 靴乾燥機 シューズ乾燥機 智能予約機能 折り畳み式 梅雨対策 3段階伸縮調整 スニーカー/革靴/長靴などに対応 PSE認証済み 日本語取扱説明書付

事例➄ 内野の範囲であれば、フェアー

 

打者(バッター)が打った打球が一度ファウルグランドに出た後、再度フェアーグランドに戻り、捕手(キャッチャー)ゴロとなった。

 

解説
内野の範囲内であれば、一度ファウルグランドに出たボールもフェアーグランドに戻ればフェアになります。

➡ランエンドラとは こちら【野球 ランエンドヒット】とヒットエンドランの違いは?

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。