【野球ルール】ファールとは どんなとき? ファールの問題10問 確認編

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 ルール ファウルについて、事例を交えた簡単問題 10問です。

 

ファウルボールとは、一般的には、ファウルと呼ばれています。

基本的に野球のグランドは、本塁(ホームベース)から1塁(ファーストベース)と、3塁(サードベース)を通して、外野フェンスまでの2本の白線(ライン)で区切られています。

捕手(キャッチャー)がポジションとしている場所はファウル地域になりますが、他の野手が守るポジションの場所はフェア地域になります。

 

ファウルボールとは どんなの? ファウルボールの問題10問 確認編

 

正しい方の 〇 ✖ を囲んで下さい。

回答は、まとめとして記入してあります。

それでは、やってみましょう。

 

問1

野球において、審判員がファウルボールの判定を行う際は、「ファウルボール」と発生して、両手を上方に広げたジェスチャーを行います。

答え  〇  ・  

 

問2

打者(バッター)のファールの打球がノーバウンドで捕球されなかった時は、ボールデッドとなります。

ボールデッドとは、試合が停止されプレイが無効になる時間のことです。 

答え  〇  ・  

 

問3

試合を運営する主催者には、安全に運営する義務がありますが、チケットの裏側には試合観戦契約第13条が記載され、主催者側に、一定の安全対策をしていれば、責任がない旨が明記されています。

答え  〇  ・  

  

問4

打者(バッター)は、何本ファウルを打っても、そのこと自体によるアウトはありません。

したがって、「36本打ったらウト」等のことはありません。

ただし、2ストライク後にスリーバンドをした打球がファウルになった場合は、第3ストライクが宣告され打者は三振でアウトになります。

答え  〇  ・  

 

 問5

日本プロ野球(N P B)の1軍の公式戦では、観客席に入ったファウルボールが全球場で持ち帰れます。

答え  〇  ・  

 

問6

打者の打球が1度、本塁と1塁の間のファウル地域でバウンドして1塁ベース手前のファウルライン上で止まりました。

その際、審判員よりファールのコールがありました。

答え  〇  ・  

  

問7

打球が野手に触れることなく、投手板(ピッチャープレート)に当たり、1塁と本塁の間のファウル地域へ出て止まりました。

その際、審判員よりフェアのコールがありました。

 答え  〇  ・  

 

問8

打球が最初、野手に触れた位置がファウル地域内の上方空間であれば、たとえ、体のほとんどがフェア地域であってもファウルボールになります。 

答え  〇  ・  

 

問9

打球が1塁ベースの内側を通過して、外野のファウル地域に転がりました。

その際、審判員より、フェアのジェスチャーがありました。

 答え  〇  ・  

 

問10

打者の振ったバットをかすめた球(ボール)が直接捕手の防具に当たって跳ね返ったそのボールが地面に触れる前に捕球(キャッチ)しました。

この場合は、ストライクとなります。 

答え  〇  ・  

 


【Amazon.co.jp 限定】大人 一般 野球 グローブ GRXASPLN62 11.25インチ 軟式 オールラウンド キャメル 右投げ グラブ

 

まとめ

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇    問3    〇    問4  〇    問5  〇   

問6   ✖    問7  ✖  問8  〇     問9  〇  問10 〇

 

問5について、メジャーリーグでは、観客がファールのボールを返さなかったことがきっかけで、1921年からファウルボールをファンへプレゼントするサービスが始まりました。 

問6について、少しでもラインに触れていれば、フェアになります。

 

問10については、2021年1月 プロとアマチュア合同の日本野球規則委員会で、ファウルチップをめぐる改正などが発表されました。

打者が振ったバットをかすめた球が、直接捕手の体や防具に当たって跳ね返った時、その球が地面に落ちる前に捕球されればストライクになると言う改正です。

従来は「最初に手またはミットに触れて跳ね返ったもの」と限定していました。

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。