【野球ルール】タッチアップとは どんなとき? タッチアップの問題10問 確認編


 

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 ルール タッチアップについて、事例を交えた簡単問題 10問です。

 

タッチアップとは、野球のプレイで進塁方法の1つです。

タッチアップは、走者(ランナー)のプレイのことで、犠牲フライは、打者(バッター)に打撃成績の記録がされます。

犠牲フライとは、走者(ランナー)が、3塁から本塁に生還したものを指します。

2塁から3塁等への進塁は犠牲フライにはなりません。

飛球(フライ)が空中にある時にベースに戻り、捕球後に次の塁を狙える戦術で、タッチアップと呼ばれます。

メジャーリーグ(M L B)では、タッグアップと呼ばれています。

 

 

それでは、タッチアップについての簡単問題10問です。

それでは、やってみましょう。

回答は、まとめとして記入してあります。

 

タッチアップとは どんなとき? タッチアップの問題10問 確認編

 

問1

1死(1アウト)走者(ランナー)3塁のとき、打者(バッター)が左翼(レフト)へ飛球(フライ)を打ち上げました。

その際、3塁走者がフライ捕球後に1度塁に戻り、本塁(ホーム)を狙いスタートしました。

答え  〇  ・  

 

問2

走者(ランナー)は、打者(バッター)が飛球(フライ)を打ち上げたときは、ベースに戻らなければなりません。

戻る前に野手に送球されてしまうと「フォースアウト」になってしまいます。

 答え  〇  ・  

 

問3

1死(1アウト)走者(ランナー)満塁で、打者(バッター)右翼(ライト)へファールの大きな飛球(フライ)を打ち上げました。

その際、1・2・3塁の全走者がタッチアップで次の塁を狙いスタートしました。

 答え  〇  ・  

 

 問4

1死(1アウト)走者(ランナー)3塁のとき、打者(バッター)がセンターへ飛球(フライ)を打ち上げました。

3塁走者(ランナー)はタッチアップで、そのフライの捕球後スタートを切ろうとしていましたが、センターが何度かお手玉をしたのでスタートしませんでした。

 答え  〇  ・  

 

 問5

野球において、タッチアップが行われるケースは、走者(ランナー)が3塁にいる場合が最も多いですが、相手側チームの野手が、強肩で、また浅いフライの場合で、3塁走者(ランナー)が鈍足であっても、タッチアップは行うべきです。

 答え  〇  ・  

 

問6

リタッチとは、飛球(フライ)が捕球された後に行うほか、飛球(フライ)がまだ、空中にあるときに、帰塁しておき、捕球もしくは飛球(フライ)が野手に触れてから離塁(スタート)を行ったプレイのことです。

 答え  〇  ・  

 

 問7

リタッチとは、飛球(フライ)が捕球された後に行うほか、飛球(フライ)がまだ、空中にあるときに、帰塁しておきます。

その後、捕球もしくは飛球(フライ)が野手に触れてから離塁(スタート)を行ったプレイがタッチアップのことです。

その際、走者(ランナー)がフライングスタートをした場合は、守備側より審判員へアピールをして認められれば、得点は認められません。

 答え  〇  ・  

  

問8

攻撃側の走者(ランナー)のタッチアップで、離塁が早い場合でも守備側の審判員へのアピールがない場合では、最終的に走者(ランナー)はアウトになりません。

 答え  〇  ・  

 

 問9

タッチアップは、外野フライでなくてもできます。

インフィールドフライの場合は、打者(バッター)がアウトになるだけで、インプレイ中には変わりはありません。

なので、捕球(キャッチ)が完了すればタッチアップはできます。

 答え  〇  ・  

 

 問10

タッチアップのケースで、守備側がエラーで球(ボール)を落として打者(バッター)がアウトにならなくても、犠牲フライとなる場合があります。

公式審判員が捕球していたら犠牲フライになったと判定された場合には記録がつきます。

 答え  〇  ・  

 


ハタケヤマ(Hatakeyama) 野球用 グラブワックス WAX-1

 

まとめ

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇    問3    〇   問4  ✖    問5  ✖ 

問6   〇     問7  〇  問8   〇    問9    〇   問10 〇

 

問3について、タッチアップは、3塁走者(ランナー)だけでなく、どの塁(ベース)から出も次の塁を狙えます。

また、ファウルフライでもタッチアップは次の塁(ベース)を狙うことができます。

 

 問4について、野手が完全に捕球をしなくても、グローブや身体に少しでも触れればその時点で走者(ランナー)はスタートを切り進塁を狙うことができます。

 

 問5について、タッチアップを行う場合は、野手の肩やフライの位置、走者(ランナー)の足など、状況をよく見極めることが必要です。

 

 問6について、リタッチは、捕球もしくは、野手に触れてから離塁を行っていればリタッチは認められます。

 

 問7について、走者(ランナー)がフライングスタートした場合は、審判員にアピールプレイをすることが重要になります。

 

 

問8について、タッチアップで攻撃側の走者(ランナー)の離塁が早い場合でも、守備側がアピールをしない限り走者(ランナー)はアウトになりません。

 

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です