【野球】 警告試合とは どんなのか❔  問題


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 警告試合とは、どんなのか❔の問題。

 

野球の警告試合とは、報復行為や乱闘行為を未然に4防ぐため、危険な行為を行ったそのチームの選手や監督コーチ等を、退場させることを審判員が宣告した試合を指します。

 

それでは警告試合とはどんなのか❔についての問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

野球 警告試合とは、どんなのか❔ 問題 5

 

問1

主に投手の場合は、打者の東部付近の危険な投球に対しては宣告される

答え  〇  ・  

 

問2

「警告試合」にする目的は、審判団が報復行為を防ぐことが第一だからである。

答え  〇  ・  

 

問3

「警告試合」が発せられた試合では、野手でもクロスプレイの危険なスライディングが報復行為と判断されれば退場になる可能性はある。

答え  〇  ・  

 

問4

日本プロ野球(NPB)の公認野球規則で、警告試合を規定した規則がある。

答え  〇  ・  

  

問5

警告試合で退場になった選手には、処分が下されるケースが多い。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇   問3  〇   問4   ✖  問5  〇 

 

解説 

問1について

「警告試合」とは審判員が危険な要素を含んだ試合と判断した際に、責任審判員から発令されます。

主に投手の場合は、打者の東部付近の危険な投球に対しては宣告される「危険球」退場は代表的なものです。

 

問2について

「警告試合」が宣告された試合では、審判団が報復行為と判断すれば、故意であるかどうかに関わらず、当該の選手やそのチームの選手や監督やコーチ等に、退場を宣告することができます。

 

問3について

「警告試合」が発せられた試合では、野手でもクロスプレイの危険なスライディングが報復行為と判断されれば退場になる可能性はあります。

 

問4について

日本プロ野球(NPB)の公認野球規則では、警告試合を規定した規則はありません。

しかし、規則8.02(d)項で危険球を厳しく禁じており、危険球を投球した投手及び、そのチームの監督には審判員より、退場もしくは同様の行為をもう一度行った場合は、即刻退場させる旨の警告が発せられると定めています。

 

問5について

警告試合で退場になった選手には、処分が下されるケースが多く、処分の内容については、主に罰金が多く、その金額は万単位です。

また、出場停止処分も課せられる場合もあります。

なお、故意に投げたと認めにくい危険球での退場となった選手については、ペナルティーが無い場合もあります。

 

まとめ

野球の警告試合とは、報復行為や乱闘行為を未然に4防ぐため、危険な行為を行ったそのチームの選手や監督コーチ等を、退場させることを審判員が宣告した試合を指します。

 

 

悪い感情は話さないで、書いてしまっておこう!

書いた紙を後から見ると、自分の心の小さなことに気が付く!

 

 

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございました。

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 警告試合とは、どんなのか❔の問題。

 

野球の警告試合とは、報復行為や乱闘行為を未然に4防ぐため、危険な行為を行ったそのチームの選手や監督コーチ等を、退場させることを審判員が宣告した試合を指します。

 

 

それでは警告試合とはどんなのか❔についての問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

野球 警告試合とは、どんなのか❔ 問題 5

 

問1

主に投手の場合は、打者の東部付近の危険な投球に対しては宣告される

答え  〇  ・  

 

問2

「警告試合」にする目的は、審判団が報復行為を防ぐことが第一だからである。

答え  〇  ・  

 

問3

「警告試合」が発せられた試合では、野手でもクロスプレイの危険なスライディングが報復行為と判断されれば退場になる可能性はある。

答え  〇  ・  

 

問4

日本プロ野球(NPB)の公認野球規則で、警告試合を規定した規則がある。

答え  〇  ・  

 

 

 

問5

警告試合で退場になった選手には、処分が下されるケースが多い。

答え  〇  ・  

 

 

 

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇   問3  〇   問4   ✖  問5  〇 

 

 

 

 

解説

 

問1について

「警告試合」とは審判員が危険な要素を含んだ試合と判断した際に、責任審判員から発令されます。

主に投手の場合は、打者の東部付近の危険な投球に対しては宣告される「危険球」退場は代表的なものです。

 

問2について

「警告試合」が宣告された試合では、審判団が報復行為と判断すれば、故意であるかどうかに関わらず、当該の選手やそのチームの選手や監督やコーチ等に、退場を宣告することができます。

 

問3について

「警告試合」が発せられた試合では、野手でもクロスプレイの危険なスライディングが報復行為と判断されれば退場になる可能性はあります。

 

問4について

日本プロ野球(NPB)の公認野球規則では、警告試合を規定した規則はありません。

しかし、規則8.02(d)項で危険球を厳しく禁じており、危険球を投球した投手及び、そのチームの監督には審判員より、退場もしくは同様の行為をもう一度行った場合は、即刻退場させる旨の警告が発せられると定めています。

 

問5について

警告試合で退場になった選手には、処分が下されるケースが多いです。

処分の内容については、主に罰金が多く、その金額は万単位です。

また、出場停止処分も課せられる場合もあります。

なお、故意に投げたと認めにくい危険球での退場となった選手については、ペナルティーが無い場合もあります。

 

 

 

まとめ

野球の警告試合とは、報復行為や乱闘行為を未然に4防ぐため、危険な行為を行ったそのチームの選手や監督コーチ等を、退場させることを審判員が宣告した試合を指します。

 

 

星猿の教訓

悪い感情は話さないで、書いてしまっておこう!

書いた紙を後から見ると、自分の心の小さなことに気が付く!

 

 

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です