【野球】 安全進塁権について❔  問題


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 安全進塁権について❔の問題

 

野球において安全進塁権が与えられた走者は、与えられた塁までアウトの恐れなく進塁することができます。

また、その際は通常の進塁する時と同様に順番(1・2・3・本塁)に触塁しなければなりません。

進塁の順番を守らないとき、守備側からアピールがあればその走者はアウトになります。

 

それでは安全進塁権についての問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

安全進塁権について❔の問題

 

問1

四球(フォアボール)が宣告された場合は、1個の安全進塁権が与えられるが、相手守備側に隙があれば次の塁に進塁することができる。

答え  〇  ・  

 

問2

9回の裏1アウト走者3塁、1対1の同点の状況で、打者がキャツチャーの打撃妨害にもかかわらず、投球された球を右翼手(ライト)後方へ打ち上げたが捕球された。

その際プレイは継続されて3塁走者は本塁へ生還した。この場合3塁走者は3塁に戻され、打者は1塁へ安全進塁する。

答え  〇  ・  

 

問3

死球(デッドボール)が審判員から宣告されたときは、打者・走者及び、フォースの状態にある走者のみ1個の進塁が与えられる。

答え  〇  ・  

 

問4

ボークの場合は、ボールデッドではない。

答え  〇  ・  

 

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2   ✖  問3  〇   問4  〇 

 

 

解説

問1について

四球(フォアボール)が審判員から宣告された場合は、1個の安全進塁権が与えられますが、四球(フォアボール)の場合はボールインプレイであるので、相手守備側に隙があれば次の塁を狙うことができます。

 

問2について

プレイが中断されずに継続している場合は、プレイが一段落した時点で処理を決めます。

打撃妨害であれば、通常打者走者は1塁へ進塁できますが、攻撃側の監督の申し入れで継続されたプレイを優先させることができます。

 

問3について

死球(デッドボール)が審判員から宣告されたときは、ボールデッドになる。その際、打者・走者及び、フォースの状態にある走者のみ1個の進塁が与えられます。

 

問4について

ボークの場合は、投球される前に宣告されるのでボールデッドです。

また投球、送球をしてしまった場合でも走者を安全に進める必要があります。

しかし、打者走者がこの時ヒットを打ってしまって、走者が1個以上進塁した場合はこちらが優先されます。

 まとめ

野球において安全進塁権が与えられた走者は、与えられた塁までアウトの恐れなく進塁することができます。

また、その際は通常の進塁する時と同様に順番(1・2・3・本塁)に触塁しなければなりません。

進塁の順番を守らないとき、守備側からアピールがあればその走者はアウトになります。

 

星猿の教訓 ①

悪い感情は話さないで、書いてしまっておこう!

書いた紙は後から見ればいい!

 

星猿の教訓 ②

他人への不満や悪口が多いときは、自分を反省する心を失っている!

 

 

 

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です