【野球】 代打について❔  問題


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 代打について❔の問題です

 

代打とは野球において、打順が回って来た打者に代わって打撃に入り打撃を行う選手のことを指します。その際は、試合に出場していない控えの選手が打席に入ります。

 

それでは代打についての問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

 

野球 代打について❔の問題

 

問1

代打が変わって起用される場合は、前の選手はベンチに戻り、再度その試合にはでられない。

答え  〇  ・  

 

問2

野球が始まった当初の規則(ルール)では、先発出場した選手のアクシデント等がない限り選手交代は認められなかった。

答え  〇  ・  

 

問3

代打等を起用できる時は、攻撃側は必要の時であれば、いつでもまだ出場していない控え選手と交代することができる。

答え  〇  ・  

 

問4

代打に出た後は、交代する選手の守備位置につき引き続き試合に出場できる。

答え  〇  ・  

 

問5

投手が交代した場合は、リリーフで登板した投手はその時の代打の打者とは対戦しなければならない。

答え  〇  ・  

 

問6

先発した打者が空振りをして、2ストライクになった。その際手首を痛めてタイムをして、引き続き打席に立てない場合は、代打を出すことができる。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1 〇    問2   〇   問3  ✖   問4  〇 問5  〇 

問6  〇 

解説

問1について

代打が変わって起用される場合は、前の選手はベンチに戻り、再度その試合にはでられません。その際代打に出た選手は、続けてその試合で守備にも入れます。

代打は投手交代のときや、接戦の試合で終盤に使われるケースが多い戦術です。

 

問2について

野球が始まった当初の規則(ルール)では、先発出場した選手は試合中のケガやアクシデント等で試合に出られなくなった場合のみ、選手交代は認められていました。

その後1891年に、試合中の選手交代を制限なく行うことができる規則(ルール)が設けられました。

このルールができたことにより、代打などを戦略として使うようになりました。

 

問3について

代打等を起用できる時は、攻撃側はボールデッドの時ならいつでもまだ出場していない控え選手と交代することができます。

このときの交代選手を代打(ピンチヒッター)と呼びます。

投手は最低1人の打席が終了するか、イニングが終了するまで交代できないため1回表の投手(ピッチャー)に対しては代打を出すことはできません。

 

問4について

代打に出た後は、交代する選手の守備位置につき、引き続き試合に出場できます。

しかし、代打にでた選手の守備力の低い場合は、そのまま引き続き試合に出場せずに、守備に変わるのは、まだ出場していない守備力の高い選手が代わり、起用されるケースが多いです。

 

問5について

投手が交代した場合は、リリーフで登板した投手はその時の代打の打者とは対戦しなければならない。

打者との結果がアウトになるか、打者走者が1塁に達するか攻守交代になるまでは投球する義務があります。

代打の打者においては、打撃を完了する義務はありません。

 

問6について

先発した打者が空振りをして、2ストライクになった。

その際手首を痛めてタイムをして、引き続き打席に立てない場合は、代打を出すことができます。

代打で2ストライクから変わり打席に立ち三振した時の記録は、代打に出た選手には記録されないで最初の打者に記録されます。

 

 

まとめ

代打とは野球において、打順が回って来た打者に代わって打撃に入り、打撃を行う選手のことを指します。

その際は、試合に出場していない控えの選手が打席に入ります。

 

星猿の教訓

悪い感情は話さないで、書いてしまっておこう!

書いた紙を後から見れば、言わないでよかったと思う

 

ありがとうは2回言おう! 1回は当たり前 2回目は相手の心に強く刺さる!

幸せはどう考えるかで決まる!

 

今の自分は、いままでの結果!

 

 

 

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です