【野球】 ルール スリーバンドとは どんなのか?

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、スリーバンドのルールついての問題です。

 

スリーバンドとは、打者が2ストライク後にバンドをすることです。

和製の英語で、スリーバンドと呼ばれています。

 

それではリーグとは、どれだけあるのか確認して見てください。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

スリーバンドのルールついての問題

 

問1

スリーバンドは、打者が2ストライク後にバンドをする行為ですが、ファウルボールになるとボールデッドになり、打者走者は三振でアウトになる。

答え  〇  ・  

 

問2

野球で2ストライク後に、バンドの失敗で打者がアウトにする理由は、アウトにしないと試合の進行が遅くなるためである。

答え  〇  ・  

 

問3

打者がスリーバンドを失敗すると、打者には三振の記録がされる。

答え  〇  ・  

 

問4

現在の野球のルールでは、スリーバンドのファウルがアウトになりますが、一時期は4ストライク制の時があった。

答え  〇  ・  

 

問5

1アウト走者3塁、1ボール2ストライクから、打者がスクイズバンドを試んだ。その際、ボールは3塁のファウルライン付近に転がり、ファウルになったが3塁手が捕球しようとした際に3塁走者は3塁手と接触した。この場合、3塁走者は守備妨害でアウトになる。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  ✖   問3    〇   問4  〇   問5    〇 

 

 

解 説

問1について

スリーバンドは、打者が2ストライク後にバンドをする行為ですが、失敗するとアウトになります。

これがスリーバンド失敗と呼ばれています。

 

問2について

スリーバンド失敗でアウトにアウトになる理由は、打者がストライクのボールをファウルにして、四球を狙うことを防ぐためのルールです。

 

問3について

打者がスリーバンドを失敗すると、打者には三振の記録がされます。

 

問4について

現在の野球のルールでは、スリーバンドのファウルがアウトに指定されたのは、1894年です。1887年に4ストライク制に、翌年に3ストライク制に戻され、それ以降は変更されていません。

 

問5について

走者の打球を処理しようとする野手に対する妨害は、守備妨害のペナルティーを受けることになり、審判員からアウトの宣告がされます。

 

 

 

まとめ

スリーバンドとは、打者が2ストライク後にバンドをすることです。

和製の英語で、スリーバンドと呼ばれています。

 

星猿の教訓

何でも慣れたころにやって来る、気の緩みに注意!

 

 

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。