【野球】 ノーゲームとは どんなときか? 問題 7

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、ノーゲームについての問題です。

 

プロ野球でノーゲームの時とは、試合の途中で5回を終了していない場合です。

 

それでは野球のノーゲームについて、確認して見てください。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

ノーゲームについての? 問題 7

 

問1

プロ野球では、5回を終了していればノーゲームとはならないで、試合は成立する。

答  〇  ・  

 

問2

野球では、球審よりノーゲームの宣告がされると、その試合のすべての記録は無効となり、無効試合とも記録もされない。

答  〇  ・  

 

問3

コールドゲームとノーゲームの違いでは、コールドゲームは5回を終了しているので、試合は成立する。

答  〇  ・  

 

問4

日本プロ野球等では、試合がノーゲームになればチケットの払い戻しが行われる。

答  〇  ・  

問5

高校野球でノーゲームになる場合は、7回の終了時点でノーゲームの宣告が球審から発せられる。

答  〇  ・  

 

問6

プロ野球でノーゲームの場合は、後日あらかじめ決められた予備日に予定される。

答  〇  ・  

 

問7

6回の表0アウトで両チーム2対2の同点で、満塁の状態で攻撃側の打者の打席で激しい雷雨となり、その際、審判員から守備側の選手と、塁上の走者へベンチに戻るようにと指示があった。その後も雨は降りやまず、試合も続行不可能のため、試合はうち切られた。この場合の時は、後日再試合となる。

答  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1   〇  問2   ✖  問3  〇  問4  〇  問5  〇

問6   〇  7  〇

 

解説

問1について

プロ野球では、5回を終了していればノーゲームとはならないで、試合は成立します。

野球において、途中で打ち切りになった試合のうち、正式試合の成立要件を満たさない場合に、球審よりノーゲームの宣告が発せられた時です。

 

問2について

野球では、球審よりノーゲームの宣告がされると、その試合のすべての記録は無効となります。その際の試合の記録は、無効試合と記録されます。

 

問3について

コールドゲームとノーゲームの違いでは、コールドゲームは5回を終了しているので、試合は成立します。ノーゲームは、5回を終了していないの状態なので試合は成立しません。

 

問4について

日本プロ野球等では、試合がノーゲームになれば中止と同じ扱いなので、チケット代金の払い戻しが行われます。

 

問5について

高校野球でノーゲームになる場合は、7回の終了時点でノーゲームの宣告が球審から発せられます。理由としては、トーナメント方式なので負ければ終わりになってしまうため、5回でなく、7回に、2回伸ばしたのようです!

 

問6について

プロ野球でノーゲームの場合は、後日あらかじめ決められた予備日に予定されます。また、クライマックスシリーズや、日本シリーズの日程も決まっているので、雨天中止の試合が決まっているので、雨天中止の試合が多くなると、シーズン終盤1日2試合(ダブルヘッター)の開催をしてシリーズに間に合わせるように調整しています。しかし、ドーム球場が数多くなり、雨天中止になる試合も昔に比べると激減しています。

 

問7について

この試合は5回が終了しているので、2対2の状況であればノーゲームにはならないで、タイゲームとなり後日、予備日に再試合が行われる。

 

まとめ

プロ野球でノーゲームの時とは、試合の途中で5回を終了していない場合です。

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考えることが大切。

自分で考えれば自分に責任出て来る!

 

悪い感情は話さない書いておこう。

書いた紙はしまっておいて、後日見てみよう!

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。