【野球】 スクラッチヒットとは どんなのか? 問題 3問

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球でスクラッチヒットとはどんなのか?などの問題です。

 

スクラッチの意味は、「ひっかく こする」などの意味です!

 

スクラッチヒットと呼ばれるのは、野手(内野フィールド)が普通にアウトにできるような打球が、偶然ヒットになってしまう等のヒットのことです。

 

それでは野球でスクラッチヒットとは、どんなのか❔問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

野球でスクラッチヒットとはどんなのか? 問題

問1

打者が打った内野ゴロが、イレギュラーバンドしてヒットになったものもスクラッチヒットである。

答え  〇  ・  

 

問2

打者の打球は平凡なショートゴロであったが、遊撃手がグローブを差し出した際にバウンドが変化して、遊撃手のグローブに触れずに外野に抜けて行った。

この場合は通常の安打の記録と同じである。

答え  〇  ・  

 

問3

打者の当たりそこないの打球が、3塁手の前に転がった。

3塁手は前にダッシュして、ボールを捕球後に1塁に送球したが、間に合わず打者走者はセーフになった。

このようなヒットはスクラッチヒットではない。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1 〇  問2   〇   問3    ✖  

 

解説

問1について

打者が打った内野ゴロが、イレギュラーバンドしてヒットになったものも、スクラッチヒットです。

 

問2について

グランドの何かが原因で、イレギュラーバンドでヒットになったヒットを、スクラッチヒットと呼びますが、この場合も通常の安打の記録と同じです。

 

問3について

このようなヒットもスクラッチヒットです。

打者の当たりそこないの打球を内野手がミスなく処理していれば、記録員の判定も内野安打でヒットの記録がされるでしょう。

 

まとめ

スクラッチヒットとは、野手が普通にアウトにできるような打球が、偶然ヒットになってしまうことを言います。

打球のイレギュラーバウンドによるヒットや、内野安打によるヒットもスクラッチヒットに含まれます。

 

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考えることが大切なこと!

自分で考えれば自分に責任が出る!

責任が自分を成長させてくれる!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。