【野球】代打とは? どんなの? 教えて


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球の代打について、事例を交えて簡単解説します。

  

野球 代打とは?   どんなの? 

 

代打とは、野球において、打順が回ってきた打者(バッター)に代わって打席に入り、打撃(バッティング)を行う選手のことを指します。

その際、試合に出場していない控えの選手が、打席に入ります。

ピンチヒッターとも呼ばれていますが、代打(ピンチヒッター)が代わって起用された場合は、前のその選手はベンチに戻り、再度その試合には出られません。

その際、代打(ピンチヒッター)に出た選手は、続けてその試合で守備にも入れます。

代打(ピンチヒッター)

は、投手(ピッチャー)交代の時や、接戦の試合で終盤に使われるケースが多い戦術です。

  

野球 代打 選手交代の変化 どんなの?

 

野球が始まった当初の規則(ルール)では、先発出場した選手は試合中のケガや、その他アクシデント等で試合(ゲーム)に出られなくなった場合のみ、選手交代が認められていました。

その後1891年に、試合中の選手交代を制限なく行うことができる規則(ルール)が設けられました。

この規則(ルール)ができたことにより、代打ピンチヒッター)などを戦略として使うようになりました。

  

野球 代打(ピンチヒッター) いつでも起用できるの?

 

野球 代打(ピンチヒッター)等の起用できる時は、攻撃側はボールデッドのときならいつでも、まだ出場していない控え選手と交代することができます。

この時の交代選手を、代打(ピンチヒッター)とも呼ばれています。

また、投手(ピッチャー)は、最低1人の打席が終了するか、イニングが終了するまで交代できないため、1回表の投手(ピッチャー)に対しては、代打(ピンチヒッター)を出すことはできません。

 

野球 代打(ピンチヒッター)後  どうなの?

 

野球 代打(ピンチヒッター)に出た後は、交代する選手の守備位置につき引き続き試合(ゲーム)に出場できます。

しかし、代打に出た選手の守備力の低い選手の場合は、そのまま引き続き試合(ゲーム)に出場せずに、守備に代わるのは、まだ出場していない守備力の高い選手が代わりに起用するのが多いケースです。

 

野球 指名打者のとき? どうなの?

 

規則(ルール)が指名打者の場合は、指名打者の1打席目には代打(ピンチヒッター)は送れません。

投手(ピッチャー)は、打者(バッター)1人と対戦するか、イニングを終了しないと交代はできません。

理由は、先攻チームの投手(ピッチャー)が、まだ1球も投げていな状況では、交代できないためです。

しかし、指名打者の1打席目より前に、相手投手が交代していた場合、怪我やその他のアクシデントによって出場できない場合は、代打を送ることができます。

 

※予告先発制度のなかった時代には、偵察要員を指名打者に入れて、1打席目に代打(ピンチヒッター)を送ろうとしたことが、このルールのため、失敗したというケースがありました。

 

指名打者(バッター)に、代打を出す場合に限り、その試合に登板している投手(ピッチャー)を代打(ピンチヒッター)に出すことができます。

出場中の選手を送れるのは、この場合だけです。

この代打を送った場合は、指名打者は解除されます。

 

野球 代打 事例

事例

アルパカズ 対 カピパラズ

5回の裏 スコア 5対1 アルパカズがリード。

2死(2アウト)走者(ランナー)満塁の場面で、アルパカズの左の強打者(スラッガー)の打順。

ここでカピパラズは、右投げ投手(ピッチャー)から左投げの1ポイントの投手(ピッチャー)に交代してきた。

しかし、さらに、アルパカズの監督は、今度は、右の強打者(スラッガー)を出してきた。

勝負した結果・・・?

 

解説

投手(ピッチャー)が交代した場合、救援投手(リリーフピッチャー)には、そのときの代打の打者(バッター)と対戦をしなければなりません

結果がアウトになるか、1塁に達するかして打順が完了するか、攻守交代になるまでは投球する義務があります。

代打(ピンチヒッター)においては、打撃を完了する義務はありません。

 

 

事例 (代打 記録上 どうなの?)

タートルズ 対 モンキーズ

タートルズの打者(バッター)が空振りをして、カウント 1ボール 2ストライクで手首を抑えてのタイム後、打席を外した。

その後、引き続き打席に立てなくなり、タートルズの監督から代打を出してきた。

代打で打席に立った打者(バッター)は、2ストライクからの打席になり、その後、結果は三振したが、記録上は・・・?

 

解説

このケース、タートルズの打者(バッター)が、打席の途中で手首を痛め、2ストライク後に代打(ピンチヒッター)と交代した異例です。

打席の途中で打者が交代した(代打)場合、打席が完了時点における打者にその記録が付きます。

だだし、2ストライクを取られた後に、代打として出場した打者が、ストライクを取られ三振した場合は、2つ目のストライクを取られた打者(バッター)に三振が記録されます。

 


アシックス 安全スニーカー ウィンジョブR ホワイト×バーガンディ CP102 25.5cm

まとめ 

 

代打とは、野球において打順が回ってきた打者(バッター)に代わって打席に入り、打撃(バッティング)を行う選手のことを指します。

その際は、試合に出場していない控えの選手が、打席に入ります。

ピンチヒッターとも呼ばれています。

代打(ピンチヒッター)が代わって起用された場合は、前のその選手はベンチに戻り、再度その試合には出られません。

➡野球 代走についてはこちらをご覧ください【野球】  代走とは?   どんなときなの? 教えて

➡問題はこちらへ【野球】 代打について  問題

 

 

星猿ブログを見ていただきました、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です