【野球】リタッチ? どんなの? 教えて


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 リタッチについて、簡単解説します。

  

野球 リタッチ どんなの? 教えて

野球のリタッチとは、走者(ランナー)が規則(ルール)により帰塁すべき塁へ戻る行為のことです。

打者(バッター)が飛球(フライ及びライナー)を打ち、この打球を野手が捕球した時は、走者(ランナー)は、投手(ピッチャー)が投球時にいた塁まで戻り、ベースに触れ直さなければなりません。

これを走者(ランナー)のリタッチの義務と言います。

走者(ランナー)がいったんリタッチの義務を果たせば、その後に離塁(タッチアップ)して先の塁を狙うことができます。

打者(バッター)の打球が飛球(フライ及びライナー)になった際に、走者(ランナー)が離塁していいのは野手が最初に飛球に触れた時(瞬間)です。

  

リタッチ 義務?  どんなの?

打者(バッター)が打った飛球(フライ及びライナー)を野手が捕球したら、走者(ランナー)は元いたベースに帰塁しなければなりません。

リタッチ(帰塁する)する前に、相手チームの野手から体かベースにタッチされるとアウトになります。

 

タッチアップで次の塁を狙う時は、帰塁後(ベースに戻ったら)野手が飛球(フライ及びライナー)を捕球と同時にベースを蹴りスタートして下さい。

タッチアップは、捕球より少しでも早いとき、相手チームからアピールされ、審判員も認めればアウトになります。

これがアピールプレイです。

アピールがなければ、試合(ゲーム)は続行されてしまいますから、守備側はかならずアピールをしてください。

 

リタッチ 事例

事例①

モンキーズ 対 ベアーズ

1死(1アウト)走者(ランナー)3塁で、モンキーズの打者(バッター)が右翼(ライト)に飛球(フライ)を打ち上げた。

ベアーズの右翼手(ライト)は飛球(フライ)を捕球する際、 ボールをグラブから弾き落としそうになったが地面に落ちる前に捕球した。

しかし、走者(ランナー)は完全に捕球する前にスタートしていた?・・・

  

解説

このケースは、ベアーズの右翼手(ライト)は、ボールをグラブから弾き落としそうになりましたが、地面に落ちる前に捕球しているので、打者走者(バッターランナー)はアウトになります。

また、モンキーズの3塁走者(ランナー)は、野手が最初に飛球に触れた瞬間に塁を離れているので、問題はありません。

  

事例②

マウンテンズ 対 アングラーズ

スコア1対0でアングラーズがリードしています。 

9回の裏 1死(1アウト)走者(ランナー)3塁で マウンテンズの打者(バッター)が、3塁側 相手チームのダッグアウト縁前に飛球(フライ)を打ち上げた。

飛球(フライ)は、アングラーズの3塁手(サード)が自チームのダッグアウト縁で捕球したが、ダッグアウトの中に落ちそうになった。

その際、自チームのメンバーに体(からだ)を支えられ状態でボールを捕球した。

その後、マウンテンズの3塁走者(ランナー)は、タッチアップで本塁へスタートを試んだが、3塁手からホームの捕手(キャッチャー)に送球され走者(ランナー)は、本塁(ホームベース)触塁前にタッチされた。

走者(ランナー)の判定は?・・・

 

解説

このケース、ダッグアウト縁の飛球(フライ)を捕球(キャッチ)しようとする3塁手(サード)が、ダッグアウトの中に落ち込まないように自分のチームの選手に体(からだ)を支えられて捕球しました。

審判員の判定はこの3塁手(サード)は、ダッグアウトの選手に支えてもらわなければ間違いなくダッグアウトの中に落ちていたと判断しました。

結果、ボールデッドになり、マウンテンズの打者(バッター)に打点、3塁走者(ランナー)に得点が与えられます。

 

 

 

事例③

カピパラズ 対 スパイダース

1死(1アウト) 走者(ランナー)が1塁 2塁の場面です。

カピパラズの打者(バッター)が、左中間に長打とみられる大きな飛球を打ち上げた。

その際、1塁 2塁の走者(ランナー)は、安打(ヒット)になると判断して一斉にスタートをしましたが、中継手(センター)のファインプレイで捕球(キャッチ)された。

その後、走者(ランナー)が帰塁の際、2塁走者(ランナー)が2塁ベース手前で、1塁走者を追い越してしまった。

審判員の判定は?・・・

  

解説

このケースは、カピパラズの2塁走者(ランナー)が、1塁走者(ランナー)を追い越しましたが、アウトになるのは1塁走者になります。

 

※野球規則5・09「次の場合走者はアウトになる」の(9)には、「後位の走者がアウトになっていない前位の走者に先んじた場合、後位の走者がアウトとなる」とあります。

 


アイリスオーヤマ サーキュレーター 8畳 静音 上下左右首振り パワフル送風 リモコン付き タイマー機能付き ホワイト PCF-C15T

 

まとめ

野球のリタッチとは、走者(ランナー)が規則(ルール)により帰塁すべき塁へ戻る行為です。

打者(バッター)が飛球(フライ及びライナー)を打ち、この打球を野手が捕球した時は、走者(ランナー)は投手(ピッチャー)が投球時にいた塁まで戻り、ベースに触れ直さなければなりません。

これを走者(ランナー)のリタッチの義務と言います。

走者(ランナー)がいったんリタッチの義務を果たせば、その後に離塁(タッチアップ)して先の塁を狙うことができます。

打者(バッター)の打球が飛球(フライ及びライナー)になった際に、走者(ランナー)が離塁していいのは、野手が最初に飛球に触れた時(瞬間)です。

➡問題はこちらへ【野球】 ルール リタッチとは どんなのか?

 

 星猿の教訓

周りの人を大切にするようにしていたら、人生変わった!

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。