【野球 変化球 チェンジアップ】はどんなボール?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログをみていただき、ありがとうございます。

今回は、野球の変化球、チェンジアップについての特徴などを簡単解説します。

 

 

① 野球チェンジアップの特徴

チェンジアップとは、投手(ピッチャー)が打者(バッター)のタイミングを狂わせるために、ストレートと同じ投球動作で緩い変化球を投げることです。

ボ-ルの握り自体シュート回転がかかりやすく、シンカーのように利き手方向に微妙に曲がって少し沈みます。

また、握り方も統一性がないので、変化も球速も投手(ピッチャー)によっては変わる球種です。

② 野球チェンジアップの握り方

ストレート(フォーシーム)の握り方は、人差し指と中指を使いボールを握ります。

一般的なチェンジアップは、このボールの握りを中指と薬指に変えるだけです。

そして、ボールに力が入らないように、中指と薬指の幅を投げやすいところまで空けます。

そして、人差し指と親指で輪(OK)を作り、中指、薬指、小指(小指は添えるだけ)でボールを保持する握りで投げる球種です。

握り方に統一性はないので、投手(ピッチャー)により、いろいろな握り方、投げ方の違いがありボールの変化も変わります。

➂ 野球チェンジアップの効果

チェンジアップは、ストレート(フォーシーム)より、10キロ~20キロぐらい遅く、チェンジアップだけ投げていたら、必ず打たれます。

打者(バッター)に、球速のあるストレートを見せておき、タイミングを狂わせるために、ストレートのときと同じ投球動作で緩い変化球を投げると効果が出る球種です。

チェンジアップは、ストレートとセットで使うことが必要です。

チェンジアップは高めに浮いてしまうと打ちやすいボールになってしまうので、低めに投げることが重要です。

➃ 野球チェンジアップの曲がり方

一般的なチェンジアップは、ストレート(フォーシーム)より10キロ~20キロぐらい遅く、落ちる(沈む)軌道を描きます。しかし、ボールの握りに統一性はなく、様々な握り方や投げ方の違いで、変化や回転、球速も変わってきます。

握りが、シュート回転しやすく、利き手の腕の方向へ微妙に曲がりながら、微妙に落ちる(沈む)場合が多い球種です。

➄ 野球チェンジアップの投げ方

基本的には、チェンジアップはストレート(フォーシーム)を投げる時とほぼ同じ投げ方です。

ボールの速度を遅くという意識を持ち、ストレートと同じような腕の振りで投げることが大切です。

投げ始めから打者(バッター)の手元に届くまでに、ボールのスピードが落ちて見えて、打者のタイミングをずらすのに有効なボ-ルです。

ただ、手首は絶対ひねらないようにしてください。手首をひねると手首に負担がかかり痛めてしまいます。

⑥野球の試合で使われる、球種(13個)をまとめてみましカットボール

フォーシームの握りから、人差し指を中指方向へずらした状態で握ります。

ストレートと、ほぼ変わらない急速ながら、打者の手元で1つ分ぐらい鋭く変化するのが特徴です。

正式には「カット・ファストボール」という名称で、「高速スライダー」や「カッター」などと呼ばれることもあります。

ストレート
ストレートは、フォーシームとも呼ばれています。

ボールの握りは、人差し指、中指、薬指親指とすべての指を縫い目にかけるようにします。

直線的な軌道の速球で、日本では直球、ストレートと呼ばれています。

ツーシーム・ファストボール
単に、通常は、ツーシームと呼ばれています。

2本の縫い目の近付いたところの縫い目に、それぞれ人差し指と中指を置きます。

親指は下側の縫い目に、腕の振りは基本的にストレートと同じです。若干沈み、変化する速球です。

シンキング・ファストボール
握りは、ツーシーム・ファストボールと同じです。

2本の縫い目の近付いたところの縫い目にそれぞれ人差し指と中指を置きます。

親指は、下側の縫い目です。

沈む速球という意味で、ツーシームなどの動く速球の中でも特に沈む軌道を持ちます。

アメリカでは、シンカーと略されていますが、日本のシンカーとは別物です。

シュート
ボールは、人差し指、中指が縫い目にそうようにして握ります。

指の外側にかけるようにすることで、シュウート回転をかけやすくなります。

右投手(ピッチャー)が投げれば、右に曲がり、左投手(ピッチャー)が投げれば、左へ曲がります。

右投手なら、右打者(バッター)を詰まらせ、左投手なら左打者(バッター)を詰まらせて打ち取るには、最適な球種です。

シンカー
中指、薬指で挟むようにして握ります。中指の外側に縫い目をかけて握ります。

投手(ピッチャー)の利き腕方向に曲がりながら落ちるボールです。

アメリカでは、沈んで変化する速球を意味する、シンキング・ファストボールの略称ですが、日本のシンカーとは、意味が異なります。

 

スクリュウーボール
握りは、シンカーと同じです。

投手(ピッチャー)の利き腕方向に曲がり、落ちるボール、シンカーと同じとする場合もあります。

右投手が投げれば、シンカーと呼び、左投手が投げれば、スクリューボールと呼び、違いの明確な定義はありません。

スライダー
人差し指、中指の感覚が良い方の指を縫い目にかけて、親指、薬指もかけるようにして握ります。

投手(ピッチャー)の利き腕と反対方向に滑るように曲がるボール、縦に落ちる物は縦スライダー、球速が速い物は、高速スライダーと呼ばれています。真っ直ぐとスライダーの中間的変化をする球種は、スラーブと呼ばれています。

カットボール
ストレート(フォーシーム)の握りから、人差し指を、中指方向へずらした状態で握ります。ボールを切るように投げると、ストレート(フォーシーム)に近い速い球速で小さく変化する球種です。


シューズボックス 収納ケース収納ボックス クリアボックス シューズ収納 防臭 通気 スニーカー収納 スニーカーディスプレイ 靴棚 靴収納 プラスチック ふた付き 多層 開閉扉 大容量 組立て式 小物 おもちゃ 化粧品 収納 玄関 クロゼット クリア 透明 8個


カーブ
人差し指、中指の感覚が良い方の指を縫い目にかけて握ります。

親指も必ず縫い目かけて握ります。比較的遅い球速で投手の利き腕と反対の方向に大きく曲がりながら落ちる球種です。

特に、球速が遅く大きく曲がる、スローカーブ、垂直に方向に大きく変化するものは、ドロップカーブと呼ばれています。

ナックルカーブ
通常のカーブと違い、人差し指を立てて握る(ナックルと似ている握り)ので、通常のカーブと同じような場合もありますが、揺れながら大きく落ちるように見えるのが、ナックルカーブです。

危険球

フォークボール
ボールの縫い目の外側に中指、人差し指の2本で挟むように握ります。

メジャーリーグでよく使われる球種の、スプリットフィンガー・ファストボール(S F F)は、フォークボールよりも浅く挟んで投げ、速い球速で縦に落ちる球種です。

チェンジアップ
チェンジアップとは、投手(ピッチャー)が打者のタイミングを狂わせるために、速球の時と同じ投球動作で緩い変化球を投げることです。

人差し指と中指、薬指、3本で握ります。

強く握るとボールが引っ掛かりやすくなるので、少し指先を浮かす程度で握ります。

速球と同じ腕の振りで投げる遅い球です。

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。