野球ブラッシュボールとはどんなの? 問題10問 確認編


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 ブラッシュボールについて、事例を交えた簡単問題 10問です。

 

野球のブラッシュボールは和製英語で、メジャーリーグ(M L B)ではブラッシュバックと呼ばれています。ブラッシュボールを投球されたボールでも、審判員からビーンボールと判断されれば投手は退場させられます。

 

回答欄の正しい方を 〇 ✖ で囲んで答えて見てみてください。

それでは、やってみましょう。

 

野球ブラッシュボールとはどんなの? 問題10問 確認編

問1

野球のブラッシュボールは、投手が打者の身体すれすれに投げて、打者に恐怖心を与えて打撃を狂わせて凡打や三振に打ち取る戦術です。

答え  〇  ・  

 

問2

ブラッシュボールとビーンボールは、どこが違うの?

ビーンボールは、投手が打者にぶつけるつもりで投げられたボールのことである。

答え  〇  ・  

 

問3

ビーンボールを投げることは、野球規則で禁止されている。

答え  〇  ・  

 

問4

メジャーリーグ(M L B)では、ブラッシュボールやビーンボールを投げる投手のことをキーハンターと呼んでいる。

答え  〇  ・  

 

問5

どうして審判員はボールを交換するの?

投手が投げてワンバウンドしたボールなどはボールに土が付いたり傷が付いたりするため続けて使用すると予測不能に変化する恐れがあるためです。

答え  〇  ・  

 

問6

ヘルメット着用の義務付けは、いつからなの?

1956年からメジャーリーグ(M L B)で、ヘルメット着用が義務付けられた。

打者は帽子の下に打撃用ヘルメットか、保護ライナーのいずれかの着用義務が決められた。

答え  〇  ・  

 

問7

ヘルメット着用のきっかけはなんなの?

1971年から打者は、ヘルメット着用を「公認野球規則」で義務付けられた。

答え  〇  ・  

 

問8

1920年にメジャーリーグ(M L B)の選手が、左のこめかみ部分にボールが当たり、翌日に死亡する悲劇が起こり、その後ヘルメット着用が義務付けられた。

答え  〇  ・  

 

問9

日本のプロ野球(N P B)の耳付きヘルメット着用のきっかけは?

日本のプロ野球が、耳付きヘルメット着用のきっかけとなったのは、阪神タイガースの田渕幸一選手が、こめかみのところに投球されたボールを受けた以降に耳付きヘルメットを使用するようになった。

答え  〇  ・  

 

 問10

ビーンボールは悪質なルール違反

ビーンボールと審判員に判断され悪質のペナルティが宣告されれば、当の投手に加えて監督も退場させられる。

答え  〇  ・  

 


空気清浄機 花粉 脱臭 H13 HEPAフィルター 微細粒子99.97%以上除去 25畳 空気清浄 集じん PM2.5 マイナスイオン放出 自動清浄空気循環 空気清浄器 静音 3段風量設定 12Hタイマー機能 省エネ ホワイト

 回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇   問3    〇   問4 ✖   問5   〇 

問6     〇    問7    〇  問8  〇    問9    問10 

 

解 説

問1について

ブラッシュボールのブラッシュの意味は、荒々しいボールのことです。

ブラッシュボールは、審判員に危険球と判断されれば退場処分にもなります。

 

問2について

ビーンは俗語で「頭」の意です。

ビーンボールは、審判員に危険球と判断され退場処分になります。

 

 問3について

「公認野球記録」(8.26)では、投手のビーンボールは固く禁じられていて、審判員からビーンボールと判断されれば投手は退場させられます。

また、審判員は、投手だけでなく、ビーンボールを投げるように命じた監督も退場させることができます。

 

問4について

メジャーリーグ(M L B)では、ブラッシュボールやビーンボールを投げる投手のことを、ヘッドハンターと呼んでいます。

 

 問5について

ボールに傷など付くと、予測不能に変化する恐れがあるボールは、打者にとっては不利であり、ブラッシュボールやビーンボールにもなりかねないためボール交換にも審判員は注意を払っています。

 

 問6について

1956年からメジャーリーグ(M L B)でヘルメット着用が義務付けられ、打者は帽子の下に打撃用ヘルメットか、保護ライナーのいずれかの着用義務が決められました。

 

 問7について

メジャーリーグ(M L B)では、片耳が覆われたヘルメットの義務が決まりました。

日本プロ野球(N P B)では、片耳付きヘルメットは1984年から義務付けられました。

 

 問8について

1920年 8月16日にメジャーリーグ(M L B)ニュヨークヤンキースの投手の投球を頭部こめかみ部分に当たり翌日に死亡する悲劇でした。

翌年1921年にインディアンスの選手が当時のNFL(ナショナルフットボールリーグ)の選手が使用しているものを真似たヘルメットを試験的に導入して、その後打撃用ヘルメットの開発に繋がりました。

 

 問9について

日本のプロ野球が耳付きヘルメット着用のきっかけとなったのは、阪神タイガースの田渕幸一選手が、広島東洋カープの外木場投手の投球が、こめかみ部分に受けて以降耳付きヘルメットを使用しています。

 

 問10について

ビーンボールで悪質なペナルティで宣告された場合は、プロ野球リーグからの制裁として長期の出場停止や、きびしい罰金が科せられます。

 

まとめ

ブラッシュボールとは、投手が打者の身体すれすれのところに投げて打者に恐怖心を与えて打撃を狂わせ凡打や三振に打ち取る戦略です。

ビーンボールとは、打者の頭部を狙った投球でルール違反です。

絶対なげないようにして下さい。

 

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です