野球 自責点とは どんなの? 問題 2問 復習編


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 投手の自責点の出し方について、事例を交えた簡単問題 2問です。

 

結 論

野球 投手の自責点の出し方とは、1イニング、3アウト前に失った点の内、投手の責任となる失点のことです。

 

それでは やってみましょう。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

野球 投手の自責点の出し方 どんなの? 問題 2問 復習編

問1

自責点となるのは、安打 犠飛 刺殺 四死球(故意の四死球も含む)暴投 ボーク 野手選択(フィルダースチョイス)盗塁によって進塁した走者が得点したとき、失点と一緒に自責点が記録される。

答え  〇  ・  

 

問2

自責点になるときは どんなとき?

投手の自責点は、だれが見ても明らかな事実と、記録員の判断によって変わってくる。。

答え  〇  ・  

 

問3

この場合は、自責点はどうなるの?

投手が2アウト走者無しから、3番打者に3塁ゴロを打たせました。

3塁手は捕球して1塁に送球しましたが、暴投してしまいました。

結果、2アウト1塁になり、後続の4番打者と5番打者に連続して本塁打を打たれてしまいました。

その後、6番打者は三振に打ち取りイニングを終えました。

この場合は投手の自責点の対象となる。

答え  〇  ・  

 

問4

1アウト3塁で、打者が2塁へ当たりの弱いボテボテのゴロを打ちました。

その際、2塁手が捕球の際ハンブルをして、その隙を見て3塁走者は本塁を狙い生還しました。

この場合は、記録員の判定で記録が決まる。

答え  〇  ・  

 

問5

1アウト走者無し、4番打者が左中間に安打を打ちました。

ボールは左翼手から2塁ベースへ返球されましたが、大きくそれて、その隙に2塁走者は3塁へ進塁しました。

その後、5番打者にレフト前にシングルヒットを打たれて、3塁走者は本塁へ生還しました。

この場合は投手には自責点が付かない。

答え  〇  ・  

 

問6

後攻めの先発投手が、5回まで相手チームを無失点に抑えています。

6回の表に先頭打者にシングルヒットを打たれ、0アウト走者1塁となりました。

この時先発投手は、指先の故障で降板しました。

変わった中継ぎ投手がマウンドに上がり、打者をショートゴロで2塁封殺にしました。

しかし、その後1アウト走者1塁で次の打者に本塁打を打たれました。

この場合、先発投手には失点1と、自責点1が記録される。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇   問3   ✖   問4   〇    問5   〇 

問6  〇 

 

 解 説

問1について

第3アウトを取る機会(野手の失策等でアウトにできなかった時)を得た後の失策は、自責点になりません。

 

問2について

投手の防御率は、自責点をもとに計算されるので、投手にとっては重要なことです。

 

問3について

この場合は、投手の自責点は0になります。

また、防御率も0になります。

投手が責任を負う失点ではありません。

3塁手の失策がなければ、3アウトでチッェンジになっていたからです。

このように3アウト目が野手の失策でチェンイできなかった場合は、その後、大量点を取られても自責点及び、防御率は0.00です。

 

問4について

このケースは、2塁手がハンブルせずにプレイしても走者は本塁へ生還できたと記録員は判断しました。

結果、投手には自責点がついて、打者には打点が記録されます。

 

問5について

このケースの場合は、投手に自責点は付きません。

レフトの3塁への返球ミスがなければ、5番打者のシングルヒットでは走者は3塁で止まり、得点にはならなかったと記録員は判断しました。

安打が2塁打であれば、投手には自責点が記録されます。

 

問6について

このケースは、先発投手に失点1と自責点1が記録されます。

また、次に登板した中継ぎ投手にも失点1と、自責点1が記録されます。

本塁を踏んだ2人は中継ぎ投手が対戦した打者ですが、先発投手が残した走者がいなければ、1人目の打者はアウトになっていた状況のためです。

 

ま と め

野球 投手の自責点の出し方とは、1イニング、3アウト前に失った点の内、投手の責任となる失点のことです。

自責点となるのは、安打 犠飛 刺殺 四死球(故意の四死球も含む)暴投 ボーク 野手選択(フィルダースチョイス)盗塁によって進塁した走者が得点したとき、失点と一緒に自責点が記録されます。

 

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です