【野球ルール】簡単事例集NO.12 ボークいろいろ


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球のルールで簡単に押さえておきたいルールを、事例を持って簡単解説します。

事例①  ボーク ボールを落した

 

0アウト、走者(ランナー)1塁、2塁、 投手(ピッチャー)が投手板に触れた状態でボールを落とした際、審判員よりボークの宣告があった。

解説
走者(ランナー)が、いる場合は、故意であるなしにかかわらずボークになります。

ランナーがいない場合は、落としたボールがファウルラインを超えればボールとなりますが、それ以外はノーカウントです。

 

事例② ボーク 走者(ランナー)がいない塁へ

 

走者(ランナー)1塁、セットポジションで投手が投球の時、投手板に触れている状態で、走者(ランナー)がいない2塁へボールを投げた。

その際、審判員よりボークの宣告がありました。

解説
投手板に触れているので、走者(ランナー)がいない塁であれば、この場合はボークになります。

しかしランナーが1塁から2塁へスタートした場合は、ボークになりません。

事例③ キャッチャーボーク

 

投手(ピッチャー)が、敬遠の四球(フォアボール)をしょうとした際、捕手(キャッチャー)は、投手(ピッチャー)の手からボールが離れ前に、キャッチャーボックスから出てボールを捕球しました。

その後、審判員よりボークの宣告がありました。

解説
打者(バッター)を敬遠する場合は、捕手(キャッチャー)は、投手(ピッチャー)の手からボールが離れてから、キャッチャーボックスの外へ出ないとボークになります。

事例④ ボーク 反則投球

 

走者(ランナー)満塁、打者(バッター)が、十分な構えをしていないときに投手(ピッチャー)がクイックで投球した時、審判員よりボークの宣告がありました。

解説
このケースは、ボークになります。打者(バッター)の意表を突く投球(クイック投球等)は、反則投球で走者(ランナー)がいればボークになります。

走者(ランナー)がいない場合は、ボールとなります。


Fila Women’s Disruptor Ii Script White/Fila Red/Fila Navy – 6M

事例➄  ボーク  セットポジションで静止しない

 

走者(ランナー)1塁、投手(ピッチャー)がセットポジションから静止ができていない状態で投球した際、ボークの宣告がありました。

解説
ボークで、一番多いケースだと思われますが、静止が明らかにわからいとボークになり、走者(ランナー)には、一つ先の塁が与えられます。

 

星猿ブログを見ていただき ありがとうございます。