【野球ルール】スクイズとは どんなとき? の問題10問 確認編

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 ルール スクイズについて、事例を交えた簡単問題 10問です。

 

野球 スクイズは、野球における攻撃側の戦術の1つです。

スクイズは、3塁走者(ランナー)がいる場合、バンドをして、走者(ランナー)をホームへ生還させることが目的のプレイです。

それでは、スクイズについて簡単問題、やってみましょう。

回答は、まとめとして記入してあります。

スクイズとは どんなとき? の問題10問 確認編

問1

スクイズバンドが使われるのは、無死(0アウト)または、1死(1アウト)のときに走者(ランナー)が3塁(ベース)にいるときです。

3塁走者(ランナー)は、投手(ピッチャー)が投球動作を開始と同時に、本塁を狙い走るプレイのことです。

答え  〇  ・  

 

問2

「スーサイドスクイズ」とは、投手(ピッチャー)の投球動作と同時に、3塁走者(ランナー)が本塁(ホームベース)を狙いスタートするプレイのことで、一般的にはスクイズバンドと呼ばれているバンドを指します。

答え  〇  ・  

 

問3

「セーフティスクイズ」とは、打者(バッター)がバンドを行った後に、3塁走者(ランナー)がスタートするスクイズです。

答え  〇  ・  

 

問4

「ツーランスクイズ」とは、走者(ランナー)が2・3塁または、満塁のときに行うスクイズのことです。

野手が1塁に送球する間に、3塁走者(ランナー)だけでなく、2塁走者(ランナー)も本塁を狙うスクイズバンドのことです。

 答え  〇  ・  

 

問5

「偽装スクイズ」とは、走者(ランナー)が1塁 3塁のとき、打者(バッター)がスクイズをすると見せかけて、わざと空振りをして、守備側が気を取られている間に1塁走者(ランナー)が2塁に盗塁する戦略のことです。

答え  〇  ・  

 

問6

「スリーバンドスクイズ」とは、3球目のストライクをファウルにした場合でも、スリーバンド失敗で打者(バッター)がアウトになるため、相手側の裏をかく戦法と言えます。

答え  〇  ・  

 

 

問7

3塁走者(ランナー)が、スクイズで本塁(ホーム)を狙う場合は、投手(ピッチャー)が投球動作に入ったと同時にスタートするとのが一番の条件です。 

答え  〇  ・  

 

問8

スクイズのメリットは、安打(ヒット)を打たなくても1点が取れること、主に打力(バッティング)の弱い選手に使われる戦術です。しかし、失敗すれば、ダブルプレイとなり、一気にチャンスをつぶしてしまう可能性もあります。

 答え  〇  ・  

 

問9

スクイズを成功させるポイントは、相手投手(ピッチャー)が、ストライクを取りに来る状況の時や、左投手(サウスポー)の時は、走者(ランナー)が見えにくく、けん制もやりにくいので、成功の確率は右投げ投手(ピッチャー)より高くなります。

答え  〇  ・  

 

問10

スクイズバンドの成功率が低い場合のケースは、ストライクが先行していて、相手投手(ピッチャー)が、ボール球を投げられる状況のときや、走者(ランナー)が満塁の場合、鋭い変化球を投げる投手(ピッチャー)等、の場合です。

答え  〇  ・  ✖

 

 


【Amazon.co.jp 限定】大人 一般 野球 グローブ GRXASPLN62 11.25インチ 軟式 オールラウンド キャメル 右投げ グラブ

 

まとめ

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇    問3       問4  〇      問5  〇   

問6   〇     問7  ✖  問8        問9    〇   問10 〇

 

問2について、スーサイドスクイズのスーサイドの意とは、自殺の意で、決死の行為を表現するものです。通常は、スクイズバンドと呼ばれています。

 

問3について、セーフティスクイズは、打者(バッター)がバンドできる球(ボール)だけを狙い、3塁走者(ランナー)は打球の行方を見て判断して本塁を狙います。通常のスクイズより、リスクは少ないスクイズです。

 

問4について、ツーランスクイズを成功させる攻撃側のポイントは、2塁走者(ランナー)の動きが死角で見にくい3塁手(サード)にスクイズのバンド処理をさせることが重要です。

これは、守備側がスクイズを警戒することにより、2塁走者(ランナー)に対する注意がおろそかになる隙を突く戦法です。

 

 問7について、3塁走者(ランナー)が、スクイズで本塁(ホーム)を狙う場合は、投手(ピッチャー)が球(ボール)をリーリスする瞬間にスタートすると、投手(ピッチャー)は急にコースを変えたりできないので、ほぼほぼ、スクイズができる球(ボール)が来る確率は高くなります。

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。