【野球】 日本のドーム球場について? 問題 5

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、日本のドーム球場はどれだけかの問題です。

 

日本で最初にできたドーム球場は、東京ドームです。

1988年に東京ドームが最初に(自称メトロドーム)と同じ空気膜構造方式(エアドーム)を採用しています。

日本のプロ野球(NPB)セントラルリーグ パシフィックリーグ12球団のうち6球団がドーム球場を持ち本拠地にしています。

 

それではドーム球場についての問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

日本のドーム球場について? 問題 

問1

東京ドームの屋根には、二重のテフロン膜を使用して、この膜の間に常時空気を送り込んでいる。

答え  〇  ・  

 

問2

国内で2番目のドーム球場は、福岡ドームである。

答え  〇  ・  

 

問3

国内で3番目 4番目のドーム球場は、大阪ドームとナゴヤドームが同時期に作られた。

答え  〇  ・  

 

問4

国内で5番目に作られたドーム球場は、西武ドームである

答え  〇  ・  

 

問5

国内で1番目に作られたドーム球場は、札幌ドームである

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇   問3  〇   問4  〇   問5  ✖ 

 

解 説

問1について

東京ドームの屋根には、二重のテフロン膜を使用して、この膜の間に常時空気を送り込み、更にドーム内の空気を0.3%高めて膨張させています。

 

問2について

国内で2番目のドーム球場は、福岡ドームです。

福岡ドームは「国内初の開閉式屋根」を取り入れました。

 

問3について

国内で3番目 4番目のドーム球場は、1997年に、大阪ドームとナゴヤドームが同時期に作られました。

 

問4について

国内で5番目に作られたドーム球場は、西武ドームです。

1999年に既存の野外球場をそのまま活用し、約3年の工事を終え段階的に屋根を架設するという、世界でも稀な工法でドーム化した西武球場が作られました。

 

問5について

国内で6番目に作られたドーム球場は、札幌ドームです。

2001年に屋外がオーpンマリーナで養生している天然芝のグランドを空気圧で浮上させ、ドーム内に移動させる「ホヴァリングシステム」を世界で初めて採用しました。

札幌ドームはサッカーやラグビー等にも対応可能なドームです。

 

まとめ

 

日本で最初にできたドーム球場は、東京ドームです。

1988年に東京ドームが最初に(自称メトロドーム)と同じ空気膜構造方式(エアドーム)を採用しています。

日本のプロ野球(NPB)セントラルリーグ パシフィックリーグ12球団のうち6球団がドーム球場を持ち本拠地にしています。

 

ドームの本拠地チーム

東京ドーム 読売ジャイアンツ       福岡ドーム 福岡ソフトバンクホークス

大阪ドーム オリックスバッファローズ   名古屋ドーム 中日ドラゴンズ

札幌ドーム 日本ハムファイターズ

 

 

星猿の教訓

悪い感情は話さず書こう!

書いた紙はしまって、後から見てみるといい!

 

 

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。