【野球】 投手 コントロール なんのこと?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 投手(ピッチャー)のコントロールについて、事例を交えて簡単解説します。

 

野球 コントロール なんのこと?

 

コントロールとは、自分の思うところに球(ボール)などを投げる能力のことです。

野球やソフトボールなどでは、捕手(キャッチャー)の要求(キャッチヤーミットを構えたところ)通りに投げ分ける能力のことです。

投手(ピッチャー)にとって球(ボール)のスピードは大事ですけど、最も重要なのは「コントロール」です。

  

コントロール いい投手(ピッチャー) どんなの?

 

コントロールのいい投手(ピッチャー)は狙ったところに投げることや、四球(フォアボール)を簡単には出しません。

それでも、すべての球(ボール)を狙ったところへは、プロ野球のコントールの良い投手(ピッチャー)でも無理で、四球(フォアボール)も全く出さないわけではありません。

しかし、コントロールの良い投手(ピッチャー)の共通点で技術的なことで言えば、軸足と前足の付く位置が一定して安定したフォームで投球しています。

これは、下半身が安定すれば、上半身の動きも安定してくるので同じ動きができます。

そのため投球の際、リリースポイントが安定してコントロールが安定しています。

それと,精神面でも冷静で安定していることでしょうね。

  

コントロールが悪い原因   なんなの?

 

コントロールが悪い投手の原因は?

下半身が安定していない   肩の開きが早い  手先で投げている  

膝が割れている  股関節や肩甲骨の柔軟性がない

足首の柔軟性がない  環境の違いに弱い(精神面)などなど・・・

 

コントロール良くするには  どんなの あるの?

 

コントロールをよくするには、自分は何が足りないのか原因の究明が必要です。

原因が見つかれば、改善する行動をとることです。

足りない部分を改善できれば、コントロールが良くなる可能性は十分あります。

 

※コントロールの良さで定評があり、安定感のあった元 ジャイアンツの桑田投手は、こんなことを、言われてました。

調子のいいときは、キャッチヤーミットまでスーッと糸みたいなものが見えて、その軌道にのせたら自然とボールがレールに乗って、キャッチャーミットに吸い込まれるイメージだと大学生の野球部員の教育の場で言われていました!

この桑田さんの言われていることは、コントロールの優れた投手の人から良く聞かれることばですね・・・

 

コントロールを良くするのには、基本的に下半身の安定が必要です。

下半身が安定してくれば上半身の動きも安定して、同じ位置でボールが投げられることができます。

 

コントロールをよくするには、全体のバランスの取れた動きが大切です。

そのためには、下半身の強化と柔軟な身体 特に(股関節 足首 手首 肩甲骨の柔軟さ)重要であり必要です。

  

コントロールをみだした こんな事例

 

事例

スカイヤーズ 対 アルパカズ

アルパカズの投手(ピッチャー)は、新人ながらコントロールには定評のあるクマ投手(ピッチャー)です。

今回の試合は、敵地スカイヤーズの本拠地の、スカイヤーズスタジアムでの初めての登板です。

アルパカズのクマ投手は緊張感もなく、リラックスして初めてのマウンドに上がりました。

しかし、コントロールに定評のあるクマ投手は球(ボール)の切れもなく、ストライクが入りません。

1番打者(バッター)そして2番打者(バッター)3番打者(バッター)に3連続四球(フォアボール)を出してしまいました。

その後、クマ投手は自分の気持ちを修正することができ、後続打者(バッター)を3人で運よく打ち取ることはできました!

 

解説

アルパカズのクマ投手は、コントロールに定評がありましたが、どうしてコントロールをみだしたのでしょう?

コントロールに定評のあるクマ投手は、なぜストライクが入らず3人も連続で四球(フォアボール)を出したのか原因の究明をしました。

結果、クマ投手は答えを出しました。答えは、緊張感がなかったこと。

そしてリラックスしすぎだったことです。

敵地スカイヤーズスタジアムのマウンドが、いつもと微妙に違っていたこと、キャッチヤーの背後の様子の違いで調子を狂わせました。

適度な緊張と、適度のリラックスは必要ですね。

そして、人間ですから体調があまりよくない時は、周囲の様子が違うだけでも調子が狂うこともあります。

 


キャッチャーミット 本革製 キーホルダー バンカクラフト革物語 (日本製 ハンドメイド)

 

まとめ

 

野球においてのコントールとは、投手(ピッチャー)が自分の思うところ、捕手(キャッチャー)の要求するところへ投げる能力のことです。

 

コントロールの良い投手(ピッチャー)の共通点で、技術的なことで言えば、軸足と前足の付く位置が一定して安定したフォームで投球しています。

これは、下半身が安定すれば、上半身の動きも安定してくるので同じ動きができます。

 

コントロールを良くするのに、自分には何が足りないのか、まず原因を見つけて改善に取り組んで下さい。

 

➡問題はこちらへ【野球】 投手 コントロールとは どんなの?

  

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。