【野球】 ルール リタッチとは どんなのか?

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球でのリタッチのルールついての問題です。

 

野球のリタッチとは、走者が規則(ルール)により帰塁すべき塁へ戻る行為のことです。

 

それでは野球のリタッチとはどんなのか確認して見てください。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

野球でのリタッチのルールついての問題

 

問1

打者が飛球(フライまたはライナー)を打ち、この打球を野手が捕球した時は、走者は投手が投球時にいた塁に触れ直さなければならない。

答え  〇  ・  

 

問2

走者がいったんリタッチの義務を果たせば、その後は離塁して先の塁を狙うことができる。

答え  〇  ・  

 

問3

打者が打った打球を野手が捕球したら、走者は元いた塁に帰塁しなければならない。

答え  〇  ・  

 

問4

タッチアップで次の塁を狙う時は、帰塁後(ベースに戻った後)野手が飛球を捕球したと同時に、ベースを蹴りベストなスタートするのが求められる。

答え  〇  ・  

 

問5

1アウト走者3塁で、打者がライトフライを打ち上げた。右翼手は飛球を捕球しょうとしたが、ボールはグラブからはじき出てしまった。

しかし、右翼手は、ボールが地面に触れる前に捕球した。この際3塁走者は、右翼手がグラブからボールをはじいたときにタッチアップで3塁ベースをスタートした。

 

回答 正解はこちら

問1 〇     問2  〇    問3    ✖   問4  〇   問5    〇 

 

 

解 説

問1について

打者が飛球(フライまたはライナー)を打ち、この打球を野手が捕球した時は、走者は投手が投球時にいた塁に触れ直さなければなりません。

これを走者のリタッチの義務と言います。

 

問2について

打者の打球が飛球(フライまたはライナー)になった際に、走者が離塁していいのは野手が最初に飛球に触れた時(瞬間)です。

 

問3について

打者が打った打球(飛球またはライナー)を野手が捕球したら、走者は元いた塁に帰塁しなければなりません。

また、走者はリタッチ(帰塁)する前に相手チームの野手から体か、ベースにタッチされればアウトになります。

 

問4について

走者はリタッチ後、ベストなタッチアップを求められますが、野手の捕球より少しでもスタートが早いと相手チームからアピールされ、審判員からも認められれば、走者はアウトになります。

アピールをしなければ、試合は続行されてしまうので、守備側は必ずアピールすることです。これがアピールプレイです。

 

問5について

3塁走者は、右翼手のグラブが、最初にボールに触れた時点でスタートしてください。

捕球の有無ではありません!

 

 

まとめ

野球のリタッチとは、走者が規則(ルール)により帰塁すべき塁へ戻る行為のことです。

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考えることが大切なこと!

自分で考えれば自分に責任が出る!

責任が自分を成長させてくれる!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。