【野球】 ラッキーセブン? なんでなの? 教えて

 

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、ラッキーセブンについて、事例を交えて簡単解説します。

 

野球 ラッキーセブン? なんでラッキーセブンなの?

野球 ラッキーセブンと呼ばれる言葉の由来は、野球の起源であるアメリカのシカゴ ホワイトストッキングス(現在のシカゴ カプス)が、1885年9月30日に行われた優勝がかかった試合において、7回目の攻撃で打った球(ボール)が強風でホームランになった出来事から、「ラッキーセブン」(幸運の7回)と表現されました!

この風によるホームランで優勝したことから、一説ではこれが「ラッキーセブン」の一般的な用法の語源でもあると言われています。 

野球 ラッキーセブンの7は、幸運の数字であるとする英語圏を中心とする西洋での思想です。

その後、アメリカからの影響で日本においても野球のラッキーセブンは一般に広まりました。

 

野球 7回 なんで得点できるの?

野球では、7回の攻撃側のチームにとっては、先発投手の投球する球(ボール)数が100球を越え、球威も落ちてくる場合が多く、打者(バッター)も3巡目 4巡目になり、先発投手(ピッチャー)の球(ボール)に慣れてくることもあります。

攻撃側のチームにとっては、チャンスで終盤にかかるイニングで、最後の攻撃で得点を挙げたいイニングです。

しかし、継投策で投手交代のタイミングが難しい回でもあります。

 

投手交代 むずしいの? どうしてなの?

勝利パターンで出てくる抑え投手が、登板する8回~9回のリーリーフ投手(ピッチャー)と、同等の実力投手(ピッチャー)であれば7回での投手交代も難しくはないと思われます。

しかし、7回で登板する投手(ピッチャー)は、8回のセットアッパー及び、9回のクローザーと比べると実力が落ちるように思えます。

   

ラッキーセブン 事例

事例 (応援)

モンスターリーグのアルパカズ 対 カピパラズの応援の模様

アルパカズの本拠地 アルパカスタジアムの7回裏の攻撃の前に、チーム応援歌が流れました。

その後、ジェット風船が数千個夜空に飛び交い、ラッキーイニングに期待をアルパカズのファンは込めていました。

 

解説

日本のプロ野球(N P B)また、アメリカメジャーリーグ(MLB)等、多くのプロ野球チームが7回を「ラッキーイニング」と称して同種のセレモニーが行われているのが見られます。

アメリカメジャーリーグ(M L B)においては、7回裏の攻撃の前に「Seventh-inning stretch」と呼ばれる休憩時間が挟まり「Take Me Out to the Ball Game

(わたしを野球に連れてって)をスタジアム全体で歌うことが恒例になっています。

  


[ニューバランス] スニーカー ML574(現行モデル) DISH//着用モデル 12_グレー(EGG) 27.0 cm D

まとめ

野球 ラッキーセブンと呼ばれる言葉の由来は、野球の起源であるアメリカのシカゴ ホワイトストッキングス(現在のシカゴ カプス)の1885年9月30日に行われた優勝がかかった試合において、7回目の攻撃で打った球(ボール)が強風でホームランになった出来事から、「ラッキーセブン」(幸運の7回)と表現されました。

この風によるホームランでホワイトストッキングは優勝できました。

➡問題はこちらへ【野球】 ラッキーセブンと なぜ言うのか? 問題

  

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。