【野球】 プラトーンシステムとは どんなのか? 問題

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、プラトーンシステムについての問題です。

  

プラトーンシステムとは、試合によって選手を使い分けする戦方のことです。

 

それでは野球のプラトーンシステムとは、どんなことなのか確認して見てください。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

プラトーンシステムについての問題  

問1

相手チームの投手が右投げの投手で、打者が左の強打者の場合に左投げの投手に交代させる戦法は、プラトーンシステムである。

答え  〇  ・  

 

問2

プラトーンシステムは、統計的に右打者は左投手を相手にするより、右投手を相手にした方が平均打率は上がるとされている。

答え  〇  ・  

 

問3

相手チームからシングルヒットで1点取ればサヨナラゲームで勝てる状況の試合では、長打力はあるが打率が低い打者であれば、長打力はなくても打率の高い好調な選手を起用してくる。

答え  〇  ・  

 

問4

プラトーンシステムは、球場の大きさ等で起用する選手を使い分けるケースもある。

答え  〇  ・  

 

問5

プラトーンシステムで起用される選手は、基本的にはいつも先発出場されているような選手ではない。

答え  〇  ・  

 

回答 正解はこちら

問1   〇    問2   ✖   問3  〇 問4  〇

 

解説

問1について

たとえば相手チームの先発投手が、右投手か左投手かで、打者を右打ちか、左打ちかを決めることです。

たとえば、相手チームの投手が右投手であれば左打ちの選手を起用して、右投手であれば左打ちの打者を起用する戦法です。

 

問2について

プラトーンシステムこの戦法の背景には、統計的に右打者は右投手を相手にするより、左投手を相手にした方が平均打率は約1%上がるとされてます。

左打者においては、右投手を相手にした方が約3%平均打率は上がるとされています。

 

問3について

たとえば相手投手が右投げで、9回裏2アウト3塁で1点取ればサヨナラゲームで勝利できる場合は、長打力があっても打率の低い打者であれば、単打が主体の打者であるが打率が3割を超える左打者を起用してきます。

 

問4について

プラトーンシステムは、球場の大きさ等で起用する選手を使い分けるケースもあります。

守備においても、リードしている終盤に守備力の優れた選手のオーダにきり替えるケースもあります。

この戦法をプラトーンシステムと呼びます。

プラトーンシステムで起用される選手は、試合の中で力を発揮できても、毎日フル出場するほどの価値を認められないのが現実では多いようです。

 

まとめ

プラトーンシステムとは、試合によって選手を使い分けする戦法のことです。

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考える習慣を、身つけることが大切。

自分で考えれば自分に責任が出て、自分を成長させてくれる!

間違いない!!

今の自分は今までの結果!

自分で答えを出すことが重要!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。