【野球】 バスターとは どんなのか?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球でのバスターとはどんなのか?についての問題です。

 

野球のバスターの名称は和製英語で、打者がバンドの構えで打席に立ち、投手が投球動作に入ってから、バットを引いて打撃(ヒッティング)に切り替える打法のことです。

 

それでは野球のバスターとは、どんなのかを確認して見てください。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

野球でのバスターのルールついての問題

 

問1

バスター打法のやり方は、最初にバントの構えをする。

答え  〇  ・  

 

問2

バスターでバンドの構えをする際は、オープンスタンスで視野を広くして、投球を待つのが良い。

答え  〇  ・  

 

問3

バスターの構えから、ヒッティングするときは、ボールを転がすこと重要である。

答え  〇  ・  

 

問4

バスターの戦法を使う時は、相手守備陣のバンドシフトが厳しいとき等使われる。

答え  〇  ・  

 

問5

バスターの戦法に対して、守備側はバンドシフトを敷くためバンドの阻止には有効であるが、その分ヒットゾーンを広くする弱点がある。

答え  〇  ・  

 

問6

バスターは打者にとっては、通常の姿勢からの打撃ができないため、ボールを捕らえることも難しくなるので、練習でバスターの沢山することが重要である。

答え  〇  ・  

  

回答 正解はこちら

問1 〇  問2  ✖  問3    〇  問4  〇  問5    〇 問6 〇

 

 

解 説

問1について

バスター打法のやり方は、最初にバントの構えをします。

相手守備側にバンドの構えを見せて、バンドの警戒をさせます!

 

問2について

バスターでバンドの構えは、ホームベースと平行なスタンス(スクエアスタンス)を取って構えをします。オープンスタンスやクロススタンスに構えると、バンドの構えからバットを引いてトップの体制にするので、ボールのスピードに遅れて打撃(ヒッティング)がうまくできなくなります。

 

問3について

バスターは、バンドの構えをしているので、ピッチャーが投球モーションに入ると、1塁手と3塁手が前にスタートして来ます。そのためヒットゾーンが広がり、ヒッティングでボールを転がせばヒットの確率が高くなります。

 

問4について

0アウトまたは、1アウトで走者1塁または2塁のとき、打者がバンドの構えをすると、守備側は送りバンドに備えてバンドシフトを敷いてきます。守備側のバンドシフトが厳しい場面では、送りバンドで走者を進塁させるのが難しくなります。こような場合は、バスターが有効になります。

 

問5について

バスター戦法に対して、守備側はバンドシフトを敷くのでバンドの阻止には有効ですが、その分ヒットゾーンを広くしてしまうのが弱点にあります。その弱点を突いた戦法がバスターです。打者はバンドの構えから打撃(ヒッティング)に切り替えるので、広がったヒットゾーンに打球を転がせば打者を進塁させるだけでなく、自分も進塁することができ、攻撃のチャンスを広げることができます。

 

問6について

バスターはいつもの自分の打撃の姿勢から打撃ができません。そのためボールを捕らえる

ことが難しくなり、タイミングがあわないで手打ちになり、ボールの球威に押されてフライになったりもします。使う頻度が少ないですが、普段の練習で広くなったヒットゾーンを想定してボールを転がす練習が必要です!

  

まとめ

野球のバスターの名称は和製英語で、打者がバンドの構えで打席に立ち、投手が投球動作に入ってから、バットを引いて打撃(ヒッティング)に切り替える打法のことです。

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考えることが大切!

自分で考えれば自分に責任が出てくる!

 

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です