【野球】 ドラックバンドとは どんなのか?

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、ドラックバンドとは どんなのか?

事例を交えて解説します。

 

野球でドラックバンドとは、セーフティーバンドの1つで、主に左打者が打撃の構えから打つ瞬間にバンドに切り替えて、1塁線方向にボールを転がして同時にスタートを切り、自分も1塁のセーフを狙うバンドです。

 

それではドラックバンドとはどんなのかの問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

ドラックバンドとは どんなのか?

問1

野球でドラックバンドとは、セーフティーバンドの1つで、主に左打者が打撃の構えから打つ瞬間にバンドに切り替えて、1塁線方向にボールを転がして同時にスタートを切り、自分も1塁のセーフを狙うバンドのことある。

答え  〇  ・  

 

問2

ドラッグ(drag)の意味は引きずる等の意味である。

答え  〇  ・  

 

問3

野球でプッシュバンドとは、自分自らも走者として生きることを意図としたバンドのことである。

答え  〇  ・  

 

問4

セーフティーバンドとは、自らは生きることを目的にはしないで、塁上にいる走者を進塁させることを意図したバンドである。

答え  〇  ・  

  

回答 正解はこちら

問1  〇   問2  〇   問3    〇  問4  ✖  

  

解説

問1について

野球でドラックバンドとは、セーフティーバンドの1つで、主に左打者が打撃の構えから打つ瞬間にバンドに切り替えて、1塁線方向にボールを転がして同時にスタートを切り、自分も1塁のセーフを狙うバンドです。

 

問2について

左打者が1塁側にバンドすることは、自分と同じ方向にバンドの打球を転がすことから、引きずるという意味のドラックという言葉を使っています。

 

問3について

野球のプッシュバンドとは、プッシュ(押し込む等の意味)しながらバンドするものです。

プッシュバンドは、意図的に強い打球を打者が野手のいない場所を狙って行い、自分自らも生きることを意図したバンドです。

 

問4について

野球のセーフティーバンドとは、「内野安打を狙うバンド」のことです。

打者自らも走者として残ることを意図したバンド全般です。

 

まとめ

野球でドラックバンドとは、セーフティーバンドの1つで、主に左打者が打撃の構えから打つ瞬間にバンドに切り替えて、1塁線方向にボールを転がして同時にスタートを切り、自分も1塁のセーフを狙うバンドです。

 

星猿の教訓

無理して頑張らないでいい、具体的に動けば具体的な答えがでるから!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。