【野球】 セイバーメトリクスとは どんなのか? 問題5問


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、セイバーメトリクスついての問題です。

 

セイバーメトリクスは、野球ライターで野球史研究家、そして野球統計の専門家でもあるビル ジェームスによって1970年代に提唱されたものです。

 

それでは野球のセイバーメトリクスとは、どんなことなかか確認して見てください。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んでください。

 

セイバーメトリクスについての問題  5問

 

問1

セイバーメトリクスとは、野球でのデータを統計学的見地から客観的に分析して、選手の評価、戦略等を考える分析手法のことである。

答え  〇  ・  

 

問2

セイバーメトリクスの手法を使って、運用資金がないオークランド アスレティクスのチーム編成を試行して、成功させたのはビリービビンバ氏である。

答え  〇  ・  

問3

オークランド アスレティクスは、セイバーメトリクスを取り入れ「多額のお金」をかけないで強いチームを作ることができた。

答え  〇  ・  

 

問4

セイバーメトリクスとは、選手、チームの攻撃力を測る指標である。

答え  〇  ・  

 

問5

セイバーメトリクスと呼ぶ語原は、アメリカ野球学会の略称ASABRである。

答え  〇  ・  

  

回答 正解はこちら

問1  〇  問2  ✖  問3  〇  問4  〇 問5  〇

 

解説

問1について

2000年代には、メジャーリーグ(MLB)のオークランド アスレティクスをはじめとする、先進的なチームの球団がセイバーメトリクスの手法や思想が活かされています。

 

問2について

アメリカメジャーリーグ(MLB)のオークランド アスレティクスのゼネラルマネージャーであったビリー ビーン氏は、アスレティクス球団の資金がなく、そのなかでセイバーメトリクスを重視したチーム編成に成功を収めました。

 

問3について

オークランド アスレティクスは、セイバーメトリクスを取り入れ、「多額のお金」をかけないで強いチームを作ることができました。

セイバーメトリクスを取り入れたビリー ビーン氏の半生を描いた、「マネーボール」という書籍・映画で詳しく描かれています。

 

問4について

セイバーメトリクスとは、選手、チームの攻撃力を測る指標として、これまでの打撃でなく出塁率を重視して評価する戦略です。

 

問5について

セイバーメトリクスと呼ぶ語原は、アメリカ野球学会の略称SABRです。

(Society for  Amerika  Baseball  Research)と測定基準(metrics )を組み合わせた造語です。

 

 

まとめ

セイバーメトリクスとは、野球でのデータを統計学的見地から客観的に分析して、選手の評価、戦略等を考える分析手法のことです。

野球ライターで野球史研究家、そして野球統計の専門家でもあるビル ジェームスによって1970年代に提唱されたものです。

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考えることが大切。

自分で考えれば自分に責任出て来る!

 

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です