【野球】スクラッチヒット? どんなの?

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 スクラッチヒットについて、事例を交えて簡単解説します

  

野球 スクラッチヒット? どんなの?

野球 スクラッチヒットとは、野手が普通にアウトにできるような打球が、偶然ヒットになってしまうヒットのことを言います。

スクラッチの意味は「ひっかく、こする」などの意味があります。

 

野球 スクラッチヒット 事例

事例 (イレギュラーバウンドによるヒット)

ベアーズ 対 チーターズ

ベアーズの打者(バッター)が、遊撃手(ショート)の正面にゴロを打った。

打球は平凡な当たりでしたが、遊撃手(ショート)が捕球しょうとグラブを差し出したと同時にバウンドが変化して、ボールは遊撃手(ショート)に触らず、左翼手(レフト)前まで抜けて転がった。

結果 打者走者(バッターランナー)には、安打(ヒット)が記録された。

 

解説

このケース、ベアーズの打者(バッター)が打った打球(ショートゴロ)を、チーターズの遊撃手(ショート)が捕球しようしました。

その際、グラウンドの何かが原因で運悪くイレギュラーバンドして左翼手(レフト)前に抜けるヒットになりました。

このようなヒットのことを、スクラッチヒットと呼びます。

攻撃側は、スクラッチヒットのようなラッキーなヒットがでると、チャンスが広がって得点に繋がることもあります。

  

事例(当たりそこないのボテボテのゴロのヒット)

アルパカズ 対 スパイダース

アルパカズの打者(バッター)がスパダースの3塁手(サード)前に、当たりそこないのボテボテのゴロを打った。

スパイダースの3塁手(サード)は、前に猛烈にダッシュして捕球をして1塁(フアースト)に送球した。

しかし、結果、間に合わずアルパカズの打者走者(バッターランナー)をアウトにすることができなかった。

  

解説

このケース、アルパカズの打者走者(バッターランナー)が3塁(サード)前に当たりそこないの打球を打ちました。

その際、スパイダースの3塁手(サード)が捕球して1塁(ファースト)へ送球していますが、結果 内野安打(ヒット)になりました。

このような内野安打(ヒット)のこともスクラッチヒットと呼びます。

 


ナカトミ 35cm サーキュレーター 風太郎 CV-3510

 

とめ

野球 スクラッチヒットヒットとは、野手が普通にアウトにできるような打球が、偶然ヒットになってしまうことを言います。

スクラッチの意味は「ひっかく、こする」などの意味があります。

まとめると、イレギュラーヒット、内野安打等の呼ばれるヒット〈総称〉がスクラッチヒットなのです。

 

  ➡問題はこちらへ野球】 スクラッチヒットとは どんなのか? 問題 3問

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。