【野球】 アピールプレイとは どんなのか? 問題 5問

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球でアピールプレイとはどんなのか?などの問題です。

 

アピールプレイとは、守備側のチームが攻撃側のチームの走者が、ルールに反した行為を指摘し、審判員にアウトを主張して、その承認を求める行為のことです。

  

それでは野球でアピールプレイとは、どんなのか❔問題です。

回答欄の正しい方を 〇 ✖で囲んで答えて見てみてください。

 

アピールプレイとは、どんなときか❔ 問題

問1

アピールプレイとは、守備側のチームが攻撃側のチームの走者がルールに反した行為を指摘し、審判員にアウトを主張して、その承認を求める行為のことです。

審判員がアピールを認めれば、その走者はアウトになる。

答え  〇  ・  

 

問2

守備側のチームは、攻撃側の走者が正規の走塁をしているかの、確認をなるべくすることが重要である。

答え  〇  ・  

 

問3

アピールプレイが起こるケースは、走者が進塁する時やまたは、帰塁する際に塁を踏み損ねた場合等がある。

答え  〇  ・  

 

問4

アピールプレイはボールインプレイで、守備側のチームからアピールがなく次のプレイが行われた場合は、アピールは認められない。

答え  〇  ・  

 

問5

アピールプレイは、野球における正当なプレイである。

答え  〇  ・  

 

 

 

 

回答 正解はこちら

問1 〇  問2   ✖    問3    〇   問4    〇  問5    〇

 

解説

問1について

審判員がアピールを認めれば、その走者はアウトになります。

アピールプレイとは、守備側のチームが攻撃側のチームの走者がルールに反した行為を指摘し、審判員にアウトを主張して、その承認を求める行為のことですが、審判員からはその指摘はしないので、守備側はアピールをその時しなければ認められません。

公認野球規則5・09(C)

 

問2について

守備側のチームは、攻撃側の走者が、正規の走塁をしているか確認をすることを怠ってはいけません。

確認したら、アピールをすることが重要です。

審判員からのアピールはありません!

 

問3について

アピールプレイが起こるケースは、走者が進塁する時やまたは、帰塁する際に塁を踏み損ねた場合です。

もう一つは、飛球(フライまたはライナー)を捕らえられた際に、走者のタッチアップ(離塁)が早く正しく行われなかった場合などのときにおこります。

 

問4について

アピールプレイはボールインプレイで、守備側のチームからアピールがなく次のプレイが1つでも行われた場合と、野手(投手及び内野手)がフゥルラインを越えた場合はアピールの権利は消滅します。

 

問5について

アピールプレイで1つのアウト取るということは、通常のプレイで1つアウトと同じ、試合の流れを変えることもある価値ある1つのアウトです。

野球における正当なプレイです。

 

 

まとめ

アピールプレイとは、守備側のチームが攻撃側のチームの走者がルールに反した行為を指摘し、審判員にアウトを主張して、その承認を求める行為のことです。

アピールプレイはボールインプレイで、守備側のチームからアピールがなく次のプレイが1つでも行われた場合と、野手(投手及び内野手)がフゥルラインを越えた場合はアピールの権利は消滅します。

 

 

星猿の教訓

何でも自分の力で考えることが大切なこと!

自分で考えれば自分に責任が出る!

責任が自分を成長させてくれる!

 

 

星猿(ホシサル)ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。