【野球 変化球 シュート】はどんなボール?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球のシュートについての特徴などを簡単解説します

 

・野球シュートの特徴 どんなの?

シュートはシンカーとは違い、縦方向の変化が少ないのが特徴です。

シュートはバックスピンとサイドスピン(利き腕方向)の間の回転数を持ち、サイドスピン側に傾いていれば曲がりながら沈みます。

バックスピン側に傾いていれば縦方向には変化せず横方向に曲がります。

球速がストレート(フォーシーム)に近いシュートは打者(バッター)に詰まった当たりをさせやすく、内野ごろを打たせやすいのも特徴です。

・野球シュートの握り方 どんなの?

シュートの握りは、ボールの網目(シーム)同士が近いところに、それぞれ人差し指と中指を沿えて、親指は反対側の握りやすいところで握ってください。

この際、人差し指と中指の間は指1本ぐらい開けると良いでしょう。

右投手(ピッチャー)の場合は、感覚として手の甲から見て、ボールの中心線より左側(人差し指側)に力が入る感覚です。

カーブの握り方を、そのまま逆にずらしたような握り方です。

・野球シュートの効果 どんなの?

シュートは変化球の中でも球速は早い部類です。

右投手(ピッチャー)であれば、右打者(バッター)に対しては、食い込むように変化するため、打者の当たりを詰まらせ、ダブルプレイを狙える球種です。

シュートは打者の身体近くを狙う変化球です。コントールが悪ければデッドボールを出して自滅しかねません。

シュートをコントールできればスライダーの威力が一段と増し、打ち取ることも、空振りも狙える球種です。

・野球シュートの曲がり方

シュートは投手(ピッチャー)の利き腕方向に変化して行きます。

ボールの軌道はストレート(フォシーム)の軌道に似ていて打者(バッター)手前で、内角に食い込んできます。

ツーシームの球種もシュートの軌道に似ていますが、シュートの方が変化の幅が少なく、縦の変化があまりありません。

シュートとシンカーの線引きは同じような軌道なため若干曖昧になります。

・野球シュートの投げ方

シュートは、リリースの時、内側へひねります。

投げ方は、ストレート(フォーシーム)を投げる時とあまり変わりません。

投げる時の身体の開きを少し早くするだけリリースする前に内ひねりをすることができます。

ストレート(フォーシーム)を投げてシュートしてしまう時の原因は体の開きが速い時です。

無理に内側へひねると手首を痛めるので無理しないこと。

リリースの時は、中指より人差し指に力を入れる意識をするとシュート回転して行きます。

・野球の試合で使われる、球種(13個)をまとめてみました

カットボール

フォーシームの握りから、人差し指を中指方向へずらした状態で握ります。

ストレートと、ほぼ変わらない急速ながら、打者の手元で1つ分ぐらい鋭く変化するのが特徴です。

正式には「カット・ファストボール」という名称で、「高速スライダー」や「カッター」などと呼ばれることもあります。

ストレート

ストレートは、フォーシームとも呼ばれています。

ボールの握りは、人差し指、中指、薬指親指とすべての指を縫い目にかけるようにします。

直線的な軌道の速球で、日本では直球、ストレートと呼ばれています。

ツーシーム・ファストボール

単に、通常は、ツーシームと呼ばれています。

2本の縫い目の近付いたところの縫い目に、それぞれ人差し指と中指を置きます。

親指は下側の縫い目に、腕の振りは基本的にストレートと同じです。若干沈み、変化する速球です。

シンキング・ファストボール

握り方は、ツーシーム・ファストボールと同じです。2本の縫い目の近付いたところの縫い目にそれぞれ人差し指と中指を置きます。

親指は、下側の縫い目です。

沈む速球という意味で、ツーシームなどの動く速球の中でも特に沈む軌道を持ちます。

アメリカでは、シンカーと略されていますが、日本のシンカーとは別物です。

シュート

ボールは、人差し指、中指が縫い目にそうようにして握ります。

指の外側にかけるようにすることで、シュウート回転をかけやすくなります。

右投手(ピッチャー)が投げれば、右に曲がり、左投手(ピッチャー)が投げれば、左へ曲がります。

右投手なら、右打者(バッター)を詰まらせ、左投手なら左打者(バッター)を詰まらせて打ち取るには、最適な球種です。

シンカー

中指、薬指で挟むようにして握ります。中指の外側に縫い目をかけて握ります。

投手(ピッチャー)の利き腕方向に曲がりながら落ちるボールです。

アメリカでは、沈んで変化する速球を意味する、シンキング・ファストボールの略称ですが、日本のシンカーとは、意味が異なります。

 

スクリューボール

握り方は、シンカーと同じです。投手(ピッチャー)の利き腕方向に曲がり、落ちるボール、シンカーと同じとする場合もあります。

右投手がなげれば、シンカーと呼び、左投手が投げれば、スクリューボールと呼び、違いの明確な定義はありません。

スライダー

人差し指、中指の感覚が良い方の指を縫い目にかけて、親指、薬指もかけるようにして握ります。

投手(ピッチャー)の利き腕と反対方向に滑るように曲がるボール、縦に落ちる物は縦スライダー、球速が速い物は、高速スライダーと呼ばれています。

真っ直ぐとスライダーの中間的変化をする球種は、スラーブと呼ばれています。

カットボール

ストレート(フォーシーム)の握りから、人差し指を、中指方向へずらした状態で握ります。

ボールを切るように投げると、ストレート(フォーシーム)に近い速い球速で小さく変化する球種です。


[プーマ] スニーカー 運動靴 コートシューズ ブレーク ポイント VULC 21年春夏カラー プーマホワイト/プーマブラック(02) 26.5 cm

カーブ

人差し指、中指の感覚が良い方の指を縫い目にかけて握ります。親指も必ず縫い目かけて握ります。

比較的遅い球速で投手の利き腕と反対の方向に大きく曲がりながら落ちる球種です。

特に、球速が遅く大きく曲がる、スローカーブ、垂直に方向に大きく変化するものは、ドロップカーブと呼ばれています。

ナックルカーブ

通常のカーブと違い、人差し指を立てて握る(ナックルと似ている握り)ので、通常のカーブと同じような場合もありますが、揺れながら大きく落ちるように見えるのが、ナックルカーブです。

フォークボール

ボールの縫い目の外側に中指、人差し指の2本で挟むように握ります。

メジャーリーグでよく使われる球種の、スプリットフィンガー・ファストボール(S F F)は、フォークボールよりも浅く挟んで投げ、速い球速で縦に落ちる球種です。

チェンジアップ

チェンジアップとは、投手(ピッチャー)が打者のタイミングを狂わせるために、速球の時と同じ投球動作で緩い変化球を投げることです。

人差し指と中指、薬指、3本で握ります。

強く握るとボールが引っ掛かりやすくなるので、少し指先を浮かす程度で握ります。

速球と同じ腕の振りで投げる遅い球です。

 

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございました。