【野球 セカンド 役割】は何か?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球で2塁手(セカンド)の役割について、簡単解説します。

野球 セカンドの役割

セカンドは、ファーストベースとセカンドベースの中間の少し後方が定位置になり守ります。

試合の状況や打者の特徴等をみて守備位置を変えることも必要なポジションです。

また、外野のライト前、センター前までの打球を処理することもあります。

さらには、盗塁,けん制球に対してのベースカバー、ダブルプレイ、中継プレーと連携プレーの精度を求められます。

担当する守備範囲の広さ、関与するプレーの頻度がとても多いポジションです。

これらの守備範囲の打球処理が要求されます。

セカンドベースよりの捕球をした際は、ファーストへ投げられる肩の強さや、広い守備範囲を走り回れる俊敏性が必要条件です。

野球 セカンドの守備位置

セカンドとは、一塁ベースとニ塁ベースの中間を守る役割のポジション(守備位置)です。

内野の中でも、打球の処理が多いポジションではないかと思われます。

内野の重要ポジションの『セカンド』は足が速く守備範囲が広く、打球の処理能力に優れ、肩が強い選手が任されるポジションです。

野球 セカンドのダブルプレイ対応

内野手の対応で、走者(ランナー)1塁の時にはダブルプレイが発生します。

2塁ゴロの場合はセカンドベースに入るショートに送球します。

ショートゴロの場合は2塁(セカンド)ベースに入り1塁へ送球して下さい。

そして、2塁ベースに入る時は、捕球位置によって2塁ベースに入る側が変わります。

ショートの捕球位置が2塁と3塁のラインで結んだ時にラインの内側であれば2塁ベースの内側にすばやく入ります。

また、逆にラインの外の時は、すばやく外側に入ります。これは走者(ランナー)の送球が当たるのを防ぐためです。

野球 セカンドのベースカバー

 

攻撃側がバンドをしてきた場合は1塁(ファースト)が前に出るため、セカンドは1塁(ファースト)のベースカバーに入らなくてはなりません。

走者(ランナー)が1塁の時、ショートあるいはサードの方向に打球が飛んだ際は、セカンドベースカバーに入ります。

サード、ショートから送球を受けた後は、1塁へ送球してゲッツー(ダブルプレイ)を狙ってください。

野球 セカンドのけん制球への対応

1塁から走者(ランナー)が盗塁してきた場合はセカンドベースに入り、捕手(キャッャー)キャッチャーからの送球に備えて  下さい。

2塁に走者(ランナー)がいる場合はショートと連携してセカンドけん制時に2塁へ入り、けん制球に対応して下さい。

セカンドは状況に応じて対応する必要があります。

事前に内野手、捕手(キャッャー)、ベンチで決めておくことが重要です。

野球 セカンドの外野からの中継

2塁(セカンド)ベースよりレフト側の打球はセカンドベースに入ります。

また、3塁打以上の場合はショートの次に中継に入り、セ カンドベースよりライト側の打球(ライトまたはセンター)の中継に入ります。

野球 セカンドの盗塁対応

セカンドは、盗塁の際のセカンドベースでのキャッチャーからの捕球、もしくはショートのカバーが必要になります。

バッター によってどっちが入るか事前の決めておきましょう。


【国内正規品】[アールケ] AARKE Carbonator II/カーボネーターII [ソーダストリームガスシリンダー対応] 高級ステンレス製炭酸水サーバー/ソーダマシン 専用ペットボトル付き (シルバースチール)

 

野球 セカンドが押さえてくべきルールとは?

内野の守備では、インフィールドフライは時々発生します。

インフィールドフライは、0アウト、1アウト、で走者(ランナー)が1塁、2塁または満塁の時、打者(バッター)が内野フライを打ち上げた際に発生します。

内野手が普通にプレーをすれば捕球できると審判員に判断された場合は、その打球が捕球される、されないに関わらず、打者走者(バッターランナー)はアウトになるというルールです。

※捕球されずにファールになった場合は適用されません。

遊撃手(セカンド)もライト線上のファール対応は考えられますから頭に入れておいて下さい。

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございました。