【野球ルール】同時はアウト?それともセーフ?


 

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。

今回は、野球ルール 同時はアウト?それともセーフ?どちらかについて簡単に解説していきます。

・同時はアウト?セーフ?結論

 

結論から言えば「同時はセーフ」です。

ルールブックに同時はセーフとは書いてありませんが、「打者がフェアボール」を打ったあと、打者走者として一塁に触れる前に、その身体または、一塁に触球された場合は、「打者走者」はアウトになるとあります。

日本のプロ野球の審判員の方で二出川審判の「俺がルールブックだ」は有名な話ですね!

【1957年7月19日後楽園球場で行われた大毎対西鉄戦で、同時はアウトかセーフかで紛糾したことがあります。

抗議した西鉄の三原監督は、出場の審判ではラチがあかぬと、控室の審判室にいた二出川審判に「規則書で確認せよ」と詰め寄りました。

すると、二出川審判の答えは「俺がルールブック」だでした。これは名文句でした!

 

・同時はセーフの根拠

 

同時はセーフの根拠になるのは、打者アウトの規則を並べた野球規則6.05(j)のです。

そこには、「打者が第3ストライクの宣告を受けた後、またはフェアボールを打った、一塁を触れる前に、その身体または一塁に触球された場合」とあります。

・【野球ルール】同時はアウト?それともセーフ?事例

 

打者(バッター)が三遊間深めに内野ゴロを打ちました。

遊撃手(ショート)は軽快にゴロを捕球して、一塁へ送球しました。

この際、打者走者(バッターランナー)は一塁手の触球と同時に一塁ベースに達したと1塁、塁審に判定されました。

このケースの場合は,同時はセーフとなります。

このようなケース、最近のプロ野球では、リクエストで判定が変わるケースも見られますね!

 

・「同時がセーフでなくなる例外の場合の事例」

一死二、三塁で打者(バッター)がセンターへフライを打ち上げました。

そのあと、センターの捕球と同時に、三塁走者はタッチアップで本塁へ走り、二塁走者もタッチアップで三塁をねらい走りました。

その際、バックホームをしても間に合わないと判断したセンターは三塁に送球しました。

結果、二塁走者を三塁でアウトにして、得点を相手チームに与えませんでした。

球審は、この三塁でのスリーアウトと同時に、三塁走者は本塁を踏んだと判断し・・・

こ場合は、スリーアウト目が同時であっても、得点は認められません。

ようするに、3人アウトになって、そのイニングが終了する前にホームを踏めば1点は認められますが、終了と同時または、そのあとに本塁を踏んでも、得点とはならないということです。

勘違いしないようにしてくださいね!


[ナイキ] エアフォース 1 07 LV8 3 cj1379-100 AIR FORCE 1 07 LV8 3 white/wht-black スニーカー AF1 ホワイト 27.5cm [並行輸入品]=2043665&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062″ alt=”” width=”1″ height=”1″ />

・まとめ


結論から言えば、すべての塁で「同時はセーフ」です。

しかし、例外があり、それは2アウトで第3アウトと走者(ランナー)が、本塁(ホ-ムベース)を踏んだのが同時の場合は、得点が認められません。

得点について規定している、4.09(a)には「3人のプレイヤーがアウトになって、1回のイニングが終了する前に」走者(ランナー)が正規に本塁を踏んだら、1点とあります。

同時はイニングが終了ではありませんから、得点は認められないと言うことです。

同時はセーフになる事例はこちらの記事をご覧ください。
→【野球ルール】簡単事例集 NO.18同時はセーフ

➡野球タイムプレイはこちらです【野球】 「タイムプレイ」? 事例を交えて簡単解説

➡野球 同時はアウト?確認問題はこちらへ【野球 ルール】同時はアウト?それともセーフ 問題10問 確認編

星猿の格言 

周りの人を大切にしたら、人生が良い方向に変わった。

クイズ 頭の体操

野球の試合で、野菜チーム対くだものチームが試合をしました。9回の表の攻撃が終わり、野菜チームが1点リードしています。9回の裏2アウト走者なしで、くだものチームの打者がホームランを打ちました。どちらのチームが勝ったのか?

答え くだものチームの勝  (走者に、なし君がいました)

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。